幼児 教育の方法について、これ見りゃばっちり!!
saicoro Produce by saicoro Site update contents

幼児 教育の方法について

幼児 教育の考え方

0歳から6歳までの子どもは右脳が発達していて語学学習に最も適した時期です。子供は、みな生まれながらに、多様な可能性を秘めています。 それを充分に育成開花させるために、幼児期ほど大切な時期はありません。 脳の発達は幼児期に大部分が終わってしまいます。
この大切な時期、両親は子供に対してどのようなことをしてあげられるのでしょうか?
正しい幼児教育とは、どのうようなものでしょうか?
幼児期からしっかりとした基礎を築かなければ、子供が成長してからでは遅いこともあるのです。

幼児教育の必要性 - 幼児教育を知る

少子化、核家族化、都市化、情報化、国際化などの変化を受けて、人々の価値観や生活スタイルが多様化している一方で、社会の傾向としては、人間関係の希薄化、地域における地縁的なつながりの希薄化、過度に経済性や効率性を重視する傾向、大人優先の社会風潮などの状況が見られます。このような変化が、子どもの育ちをめぐる環境や、家庭における親の子育て環境を変化させています。さらには、このような変化に伴い、幼稚園等施設の教員等にも新たな課題が生じています子育てをする親の環境が変化しているのに、社会や幼稚園・保育園ではこの変化についてこれていないと言えます。幼稚園や保育園での問題は文部科学省が対応を始めたところですが、
まだまだ改善には時間がかかります。   幼児教育 私達両親は何ができるのでしょうか
子供を愛しているのに、子供に向き合える時間も少なく、保育園等の施設でも、かなりの刺激と教育を受けられますが、それでも、幼児への教育は充分ではないと言われています。
親が幼児教育に対する知識を正確に身につければ、子供と接する時間が少ない親でも、
「子供が伸びる」環境を整えてあげることができるのです。
他人や託児所に任せるだけではなく、親自身が、子供のためにしてあげることも考えるのです。
そのためには、 まず、脳の発育と子供の年齢について知る必要があります。
年齢にあった、発育にあった、幼児教育を理解すれば、環境を整えてあげることも、難しくは無いのです。

幼児教育 月齢・年齢別におもちゃ・教材を与えてあげる

重要なことは、「遊びと学びの環境づくり」です。
どんなおもちゃや教材を与え、どんな遊びや接し方をするのか、ということです。
子供には、月齢・年齢に応じた発達の課題があります。
子供の、そのときの発達の課題を応援する遊びや体操を教えることや、おもちゃや教材を与えることによって、 発達を効果的に促してあげることができます。子供の月齢・年齢によって、必要な運動や刺激、おもちゃや教材の役割は違います。だから、正しい発達の知識を知った上で、適切な体験・刺激を与えてあげられる環境づくりは、とても大切です。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.