子供の写真   〜きみが成長するにつれ、きみの写真が増えていく〜 子供の写真についてのサイトです。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

子供の写真        〜家族みんなの共通の宝物〜

子供の写真 〜きみが成長するにつれ、きみの写真が増えていく〜

子供の写真。子供は日に日に大きくなっていくもの。その成長を記録として、また思い出として残しておくのが子供写真です。家族そろって写真館で撮影したり、あるいはスナップ写真を撮ったりと、子供の写真を撮る機会は多いですね。撮った写真でオリジナルフォトアルバムを作ってみたり、祖父母に孫の成長を知らせるポストカードの作成などに使ってみるのもいいでしょう。子供写真は、家族みんなの宝物。ぜひ思い出の一枚を残しましょう。

子供写真の『定番』七五三写真について

子供の成長を祝う行事、「七五三」。男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳の11月15日に行われます。子供の晴着姿を写真に残すのは、やはりいいものですね。大切な日に撮影する、七五三写真は、やはり『定番』として根強い人気があります。子供の成長ぶりを記録しておく意味でも、七五三写真は非常に大切な一枚になるはず。撮影したあとはアルバムに大事にしまっておくだけではなく、少し大きめに焼き増ししたものをフレームなどに入れて、部屋に飾ってみるのもいいでしょう。

子供写真館のシステムと利用法 その1

『スタジオ○○』と言った大手は、プロのカメラマンによる手仕事の世界だった記念撮影を画一的なシステムに作り替えました。お店で撮影するのはプロのカメラマンではなく一般の従業員で、カメラも専用のカメラをあらかじめスタジオに固定して撮影条件をあらかじめ設定してあります。さすがにシャッターを切るのは人間ですが、とにかく子供をあやしていい顔をさせることに注力しています。子供の写真撮影ではカメラの腕よりも子供をのせるテクニックのほうが重要なのはいうまでもありません。
ですから、熟練した写真館のスタッフはまず、子供と遊びます。スタジオの撮影可能な環境で遊べたら、初めて撮影が始まります。大人の方には、顔の角度や笑って下さいと、声をかけたりしますが、子供には必要ありません。リラックスして下さいと言わなくても、遊べば表情はついてくるからです。撮影の面ではいくらいい腕をしていても、子供の表情がよくなかったら、納得できませんからね!

子供写真館のシステムと利用法 その2

子供写真館の写真撮影は、すべてデジタルです。そのため撮影が終わったら、その場で大きなモニターで写真を何ショットもどんどん確認して、注文する写真を決めていきます。このフルデジタル化というのが、子供写真館の一番のポイントなのですね。あと、おもちゃはもちろん写真館にありますが、もし子供がお気に入りのおうちのおもちゃがあれば、持って行ったほうが良いでしょう。

子供の写真は、家族の宝物

子供写真は、さきざきのことを考えると、アルバムを2つに分けて作っておくのもいいかも知れません。子供が持っていくものと、親が手元に残すもの…。『家族の思い出作り』という子供写真の意義を考えれば、特別な時だけでなくて、普段のちょっとした場面もどんどんスナップ写真として記録するのが良いでしょう。また、幼稚園・保育園や学校で、絵を描いたり工作を作ったり…。これら作品を作った場合など、作品はどうしても全て残すわけには行きませんから、ぜひ写真に撮ってアルバムに残しましょう。子供写真は、まさに『家族みんなの共通の宝物』ですね!
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.