子供の睡眠      〜子供の睡眠について、一緒に学ぶサイトです〜
saicoro Produce by saicoro Site update contents

子供の睡眠 〜子供の睡眠と健康、成長について〜

子供の睡眠は、大人とは違う

子供の睡眠は、大人の睡眠とは異なっています。これは、脳の発育や体の成長に深く関わりがあります。
この意味で、赤ちゃんや子供の眠りはとても重要で、この頃によい睡眠環境を与えてあげることがとても大切です。

子供の睡眠の多様性について

子供の睡眠について考えるとき、大事なことがあります。それは、個人差が大きいということです。このことを理解していないと、 過剰に心配したり悩むことになるかも知れません。 よく例として挙げられているのですが、科学者のアルバート・アインシュタインは、毎日10時間ほどの睡眠をとる長眠者(ロングスリーパー)であったのに対して、発明家のトーマス・エジソンやフランス皇帝ナポレオンは、3、 4時間程度の短眠者(ショートスリーパー)だったそうです。要するに、睡眠には個人差があるということです。したがって、自分にとって快適な睡眠時間を確保すればよいのです。
昼寝が長い子供もいれば、短い子供もいるのです。保育園などのお昼寝の時間に、他の子供ほど眠らない、反対によく眠るということがあるかもしれませんが、個人差があるものなので、必要以上に心配することはありません。もちろん、昼寝の長い原因が、夜遅く寝ていることによるのであれば、少し生活を見直す必要があるでしょうが、そうでなければ、特に問題はありません。

子供の睡眠、早寝早起きの大切さについて

子供が深いノンレム睡眠にあるとき、脳下垂体からは 「成長ホルモン」が分泌されます。成長ホルモンは、子供の発育のためになくてはならないもので、これがあることで、骨や筋肉が発達し、体が修復・回復され、すくすくと成長していくのです。子供がよく眠るのは発育のためですが、特に脳の発達のために重要であると考えられています。そのため、子供の時期に十分な睡眠を確保できないと、脳の発達に支障が出ることもありうるのです。体や脳の発育のため、子供には十分な睡眠が必要であるということです。

子供の睡眠、より良い目覚めを

子供のより良い睡眠のためには、朝起きたら日の光を浴びさせ、体内時計をリセットすることが必要です。反対に夜は、眠りを誘うホルモンであるメラトニンの血中への分泌量を増やすために、いつまでも部屋を明るくしておかず、暗くすることが必要です。繰り返しになりますが、毎日規則正しく、朝起きて日の光を浴びさせ、夜はいつまでも部屋を明るくせずに暗くするということが大切で、このことは、とても重要なのです。

子供の睡眠、睡眠環境を整える

子供に限らず成人も同じなのですが、視覚や聴覚に対して刺激が大きいとなかなか寝付くことができません。逆に言えば、刺激が小さいと入眠しやすいということです。そのため、暗くて静かな環境を整えることが必要です。また、感覚面でいえば、温度や湿度も睡眠の質に大きな影響がありますし、精神的に落ち着けるようなインテリアにすることも大切です。そして何よりも、布団や毛布、シーツ、枕などの寝具や、パジャマなど寝巻にも工夫することが必要です。
これは、寝心地のよいものを選ぶということももちろんそうなのですが、よく干され、よく洗濯された衛生的なものを用意するということも含んでいます。それではみなさん、子供といっしょに良い眠りを!

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.