二世帯住宅で後悔しないために 〜意外と知らない二世帯住宅の大変さ〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

二世帯住宅で後悔しないために

 〜意外と知らない二世帯住宅の大変さ〜

イメージ

二世帯住宅とは?

二世帯住宅とは、一般的には親子のふた家族が世帯を別にしてひとつの家に住んでいる住宅のことです。二世帯だけではなく、三世帯住宅にしているところもあります。二世帯住宅にはさまざまなタイプがあり、多くのメリットがあります。しかし二世帯住宅にはメリットだけではなくデメリットになる部分もあるのです。
実際に二世帯住宅での生活をはじめるまでには気づかなかったこともあり、二世帯住宅にして良かったと感じる人もいれば、二世帯住宅にしなければ良かったと感じている人もいます。いったいどんなところが良くて、どんな問題が起きやすいのかを把握してから二世帯住宅にしていきましょう。

二世帯住宅のメリット

二世帯住宅にはどのようなメリットがあるのかですが、これには大きくわけて3つのポイントがあります。二世帯住宅は、それぞれの世帯が相互に助け合えるというメリットがあるのです。親が働いている時に子どもの面倒を見てもらう、家事の協力、介護などです。風邪などをひいた時などにも、二世帯住宅ならとても助かります。またひとつの家に二つの世帯が住むことから経済的にも負担が小さくなります。そして、二世帯住宅のあまり意識されていないメリットとして、親世代から子世代へ「家文化」が継承されやすいというポイントがあるのです。料理の味つけや生活の知恵なども、同じ家に住んでいるのであればすぐに教えてもらえます。このようなところが二世帯住宅のメリットとして代表的です。

二世帯住宅のデメリット

二世帯住宅にはメリットだけではなくデメリットもあります。まずそれぞれの世代による考え方の違いで衝突する可能性があります。これと同様に、生活スタイルの違いから二世帯住宅に問題が起きることもあります。片方がゆっくり寝ていたくても、もう片方の世代が生活していることによって生じる生活騒音が耳障りだ、といったこともあります。また二世帯住宅にすると、親世代側から子世代へ仲良くなりたいと近づいていくケースが多いのですが、これが苦痛に感じられるということもあるのです。二世帯住宅にしたら気の休まる時が少なくなったなどということも多く、これらのデメリットが大きく感じられて二世帯住宅にしなければ良かったと感じる人たちも多いのです。

二世帯住宅にするならデメリット対策を

二世帯住宅で失敗したくないなら、生活をはじめる前にデメリット部分への対策をしておきましょう。お互いのプライバシーを確保できる二世帯住宅にし、今だけではなく将来のことも考えた設備を用意しておくなどがあります。親世代の家が広いからそのまま二世帯住宅にするという場合もありますが、できれば改築して二世帯住宅として生活していきやすい環境を作りましょう。こうすることによって二世帯住宅のデメリットを少なくしていけば、二世帯住宅のメリットがどんどん大きくなっていきます。デメリットがわかっているなら、それを軽減していくようにすれば改善していけるのです。

二世帯住宅のことが心配なら

二世帯住宅を考えているけれど、うまくいくかどうか心配。そんな時には二世帯住宅での生活をしている人の体験談をチェックしてみて下さい。二世帯住宅で生活をしていて良かったエピソード、失敗したと思ったエピソードは、とても参考になります。もちろん二世帯住宅のことについて両世帯でしっかり話しあっていくことも大切です。これから長い間ともに生活していくのですから、まずお互いの主張をはっきりとさせていきましょう。こういう部分をおろそかにしていると、二世帯住宅はうまくいきません。片方の意見を押しつけるだけではなく、双方が歩み寄ってこその二世帯住宅なのです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.