家具の転倒防止には何が良いのか? 〜もしものための対策を〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

家具の転倒防止には何が良いのか?

 〜もしものための対策を〜

イメージ

家具の転倒防止をしよう

家具の転倒防止は、地震大国とも言われているこの日本ではとても重要です。もちろんこれは地震の有無にかかわらず気をつけた方が良いことです。家具の転倒防止をしておけば、子どもが家具の下敷きになる可能性を減らせます。もちろん大人でも家具が倒れてきたら危険なので、子どもがいない家庭でも家具の転倒防止はしておくと良いでしょう。それでは実際に家具の転倒防止をする場合には、どのようなことに気をつければ良いのか、どのようなことをしていけばよいのかをチェックしてみて下さい。大がかりなものもあれば、ほんの少し工夫するだけでできる方法もあるので、まずは簡単なところからはじめていきましょう。

家具の転倒防止は配置場所から

家具の転倒防止をする前に、まずは実際に転倒しても被害が少なくなるように家具の配置を見直してみて下さい。家具の転倒防止をしたところで、絶対に転倒しないということはありません。大きな地震や何らかの事故が起きた場合は、家具の転倒防止があっても倒れる時には倒れるからです。
まず気をつけるべきは、子どもや高齢者のいる部屋には大きな家具を置かないことです。部屋の出入り口に家具を置くと、倒れた時に部屋から出られなくなるので注意しましょう。この他にも、火気の周辺に家具は置かない、割れやすいものを家具の上に置かないなどがあります。これらのことを意識して家具を配置し、その上で家具の転倒防止をすると効果的です。家具の転倒防止だけで満足せず、家具が転倒してしまった時のことも考えていきましょう。

家具の転倒防止は正しい設置から

家具の転倒防止の基本は、家具を正しく設置することです。いくら家具の転倒防止をしても、その前提である設置方法に問題があったら、工夫が台無しになってしまう可能性があります。カーペットや畳などの足場が不安定な場所に家具は置かず、重いものを下に置いて重心の安定をはかり、さらには前に倒れないように後ろもたれ気味に置く。ここまでやってからさらに家具の転倒防止をすることで、より高い効果が得られるようになります。そもそもこれらの方法は、それだけで家具の転倒防止につながります。整理整頓の時にこのことを意識するだけでも変わってくるので、家具の転倒防止をするなら覚えておいて下さい。

家具の転倒防止器具を使おう

家具の転倒防止で役に立つのが、突っ張り棒とL字型金具です。突っ張り棒は家具と天井の間に挟むことで家具を押さえつける効果があり、L字型金具は壁に家具を固定するために使います。基本的にこの2つを使えば、たいていの家具の転倒防止になります。ただしこの家具の転倒防止方法は、天井が弱いところでは使えません。和室や板張りの天井だと、突っ張り棒が天井を破ってしまうことがあります。また賃貸住宅などでは無許可で壁に穴を開けてはいけないので、家具の転倒防止のために必要なこととして相談してみましょう。家具の転倒防止器具は効果的ですが、場合によっては使えないこともあるので気をつけて下さい。

家具の転倒防止グッズを活用していこう

家具の転倒防止の中には、家具を連結するための器具があります。家具の中にはタンスのように2段重ねになっているものがあり、地震が起きると上にある家具が転倒する可能性があるのです。しかしこの器具を使えば上下が連結されるので、転倒の可能性は大きく減ります。
この他にも家具の転倒防止には、固定シートや家具の安定板があります。これは家具の下に貼りつけることで振動や衝撃を吸収し、テレビなどの家具が転倒する可能性を低くしてくれるのです。家具の転倒防止グッズには、この他にもさまざまなバリエーションがあります。どんな家具へ使うのかによって家具の転倒防止も変わってくるので、徹底的に家具の転倒防止をするなら、いろいろな家具の転倒防止をチェックしてみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.