ネイティブ英会話を身につけよう 〜本当に使われている英語とは〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

ネイティブ英会話を身につけよう

 〜本当に使われている英語とは〜

イメージ

ネイティブ英会話とは?

ネイティブ英会話とは、そもそもいったいどういうものなのでしょうか。これは英語を使う地域の人たちによる英会話です。英語を勉強する時には単語やcをしっかりした形式で学びますが、それだといちいち文章が長くなってしまいます。ネイティブ英会話では、そんな長い文章をいちいち口にしません。もっと簡潔で使いやすい言葉での会話がネイティブ英会話なのです。日本語での会話も丁寧語などしっかりした形ですることもあれば、普段の会話で使っている少し崩れた会話もあります。ネイティブ英会話は、その後者に近いものです。より自然な英会話を身につけたいなら、ネイティブ英会話を学びましょう。

ネイティブ英会話はとてもシンプル

ネイティブ英会話を身につければ英会話がとても楽になります。なぜならば、ネイティブ英会話はシンプルな英語フレーズで構成されているからです。ネイティブ英会話について調べてみるとすぐにわかることですが、その多くは3語以下で構成されています。もちろん3語以上のネイティブ英会話もあるのですが、全体の中でも大半が3語以下のフレーズばかりなのです。たとえば電話を受けた時ですが、「○○さんですか?」ということで「Can I speak to ○○?」と聞かれたら「Speaking.」と答えるだけで「わたしです」という意味になります。なぜそうなるのかということも、ちょっと考えればわかります。これがネイティブ英会話の良いところなのです。

ネイティブ英会話の前に正しい英語を

ネイティブ英会話は、普段の会話で気軽に使う英語ばかりです。そのことから本格的に英語を身につけたいという人はネイティブ英会話の勉強をするのですが、本来の文法にのっとった英語を身につけることも忘れてはいけません。まずネイティブ英会話から入るのではなく、しっかりとした英語を身につけてからネイティブ英会話の勉強をしましょう。ネイティブ英会話は、基本的に雑な言い回しです。それが悪いというわけではありませんが、改まった場や自分より立場が上の人にネイティブ英会話を使うことは問題があります。日本語にもさまざまな言い回しがあるように、英語にもさまざまな言い回しがあります。それらを使いわけられれば、本当の意味で英語を身につけたと言える状態なのです。

ネイティブ英会話を使う時に気をつけたいこと

ネイティブ英会話について勉強している人がおちいりやすいミスとして、単語の問題があります。文法は間違っていなくても、英単語で和製英語を使ってしまうということです。せっかくネイティブ英会話でわかりやすく会話ができているのに、英語圏の人たちにとってまったくなじみがない単語を使ったら、「何を言っているのか?」と思われてしまいます。たとえば苦情のことは「クレーム」と日本で言いますが、英語では「complaint」です。「ボールペン」は「ball point pen」になり、英語の方が長くなる場合もあります。ネイティブ英会話を身につけるなら、単語のこともしっかり勉強しておきましょう。せっかくネイティブ英会話ができるようになったのに和製英語ばかりを使っていたら、ネイティブ英会話とは言えないものになってしまうのです。

ネイティブ英会話を勉強するためには

ネイティブ英会話を勉強したいけれど、いったいどうすれば勉強できるのか。これにはさまざまな方法があります。ネイティブ英会話教室に通うという方法もあれば、ネイティブ英会話で使えるフレーズや単語を紹介しているサイトがあるので、そこから少しずつ勉強していくという方法もあります。基本的に英語の教材(参考書など)には、ネイティブ英会話についてまとめたものがあまりありません。そのためネイティブ英会話の教材を探しても、お店ではほとんど見つからないのです。しかし身近なものとして、英語のサイトや洋楽、映画を見ることでネイティブ英会話に触れる機会はたくさんあるのです。実際に探してみると、ネイティブ英会話を勉強するために使えるものはたくさん見つかるので、どんどん活用していきましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.