老眼用のコンタクトレンズを使おう! 〜眼鏡に頼らず老眼を何とかしたいなら〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

老眼用のコンタクトレンズを使おう!

〜眼鏡に頼らず老眼を何とかしたいなら〜

イメージ

老眼用のコンタクトレンズとは?

老眼用のコンタクトレンズは、老眼だけど眼鏡を使いたくないという人におすすめのアイテムです。もともと眼鏡になじみがない人は、老眼だから眼鏡をかけるということに対する抵抗があります。それまでもコンタクトレンズを使ってきた人ならなおさらです。しかし老眼用のコンタクトレンズを使えば、コンタクトレンズを装着するだけで老眼対策ができるようになります。現在、多くの老眼用のコンタクトレンズが販売されています。それぞれ使い心地も異なるので、自分好みの老眼用のコンタクトレンズを探してみましょう。ただし老眼用のコンタクトレンズは、これまで眼鏡もコンタクトレンズも使ったことがないという人には、抵抗があるかもしれません。

老眼用のコンタクトレンズのタイプ

老眼用のコンタクトレンズには、ソフトタイプとハードタイプがあります。これらは老眼用のコンタクトレンズというよりも、コンタクトレンズ自体の特徴と考えた方が良いでしょう。ソフトタイプは目に装着した時の違和感が少ないのですが、定期的なメンテナンスが必要です。ハードタイプは手入れが簡単ですが、異物感があるという人が多くなります。老眼用のコンタクトレンズとしてどちらのタイプがおすすめなのかは、人によって異なります。ただしメンテナンスが面倒に感じられる人は、ハードタイプを使うと良いでしょう。老眼用のコンタクトレンズの手入れが不十分だと、眼精疾患になってしまう可能性が高くなります。年をとってからは、若い頃よりもさらに目を大切にしなければなりません。老眼用のコンタクトレンズの種類についてよく調べて、ベストなものを選べるようにしましょう。

老眼用のコンタクトレンズの原理

老眼用のコンタクトレンズとは、そもそもいったいどういう原理なのでしょうか。老眼用のコンタクトレンズは遠くにピントがあう部分と近くにピントがあう部分があります。しかしこれにも2つのタイプがあります。交代視型は、遠近両用眼鏡のように近くを見る部分と遠くを見る部分の位置がわかれています。これに対して同時視型の老眼用のコンタクトレンズは、遠くを見る用と近くを見る用が交互の層になっているレンズで、装着者の脳がどちらにピントをあわせるかを選択します。しかしこの老眼用のコンタクトレンズは、鮮明度が低くピントがあいにくいという特徴があります。ここでポイントになりますが、老眼用のコンタクトレンズでは交代視型がハードタイプで、同時視型にはハードとソフトの両方があります。どちらのレンズタイプが良いのかは、どんな作業をしているのかどんなレンズを使いたいのかによって変わってきます。

老眼用のコンタクトレンズの長所と短所

老眼用のコンタクトレンズとは、わかりやすく説明すると遠近両用コンタクトレンズのことです。眼鏡にも遠近両用レンズがありますが、レンズの中に2つのピントがあるので慣れるまでは大変です。老眼用のコンタクトレンズは眼鏡のわずらわしさから解放されるメリットがあるのですが、遠近両用眼鏡よりもピントがあわせにくいというデメリットがあります。そのため老眼用のコンタクトレンズを使いはじめたけど、かえって不便になったと感じることもあります。しかしこれは慣れるしかないので、まずは老眼用のコンタクトレンズを使い続けましょう。小さなレンズの中に遠くを見る部分と近くを見る部分があるのはすごい技術ですが、それがかならずしも最高の環境であるとは限りません。老眼用のコンタクトレンズを使う時には、このような部分に注意しましょう。

老眼用のコンタクトレンズの選び方

老眼用のコンタクトレンズは、使い慣れないうちは違和感が続きます。それ以外にも、実際に老眼用のコンタクトレンズを使いはじめたらピント調整がうまくいかないことがあります。もしもその状態を「そういうもの」として考えて使い続けてしまったら、目にとって良いことではありません。老眼用のコンタクトレンズを選ぶ時には、しっかりと自分の目にあったものを見つけられるまでさまざまなタイプを試していきましょう。また老眼用のコンタクトレンズを買う時には、アフターサービスがしっかりしていて、他には試用期間があるかどうかもチェックして下さい。老眼用のコンタクトレンズは、これから長いつきあいになるかもしれないので、納得できるものを選べるようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.