防災グッズを用意しておこう 〜もしものためだからこそ、今、用意する〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

防災グッズを用意しておこう 

〜もしものためだからこそ、今、用意する〜

イメージ

防災グッズとは?

防災グッズとは、もしも災害が起きた時のために用意しておくものです。仮に災害が起きてしまった場合、その時になってから防災グッズを用意しても意味はありません。災害に備えるためだからこそ防災グッズなのです。防災グッズと呼ばれているものにもさまざまな種類があります。そしてそれらの中には、定番と呼ばれているものもあればその人(家族)にのみ必要なものもあります。何かが起きてからでは遅いのですから、防災グッズにはどのようなものが必要なのかをチェックし、前もって用意しておくようにしましょう。普段は役に立たなくても、もしもの時には大いに役立ってくれます。

防災グッズとして必要なもの

防災グッズとして必要なものには、いったいどのようなものがあるのでしょうか。防災グッズを用意しておけば安心ですが、そもそもいったい何を用意しておけば良いのかわからないという人もいます。そんな人のために、代表的な防災グッズについて紹介していきます。
防災グッズとして効果的なのは、それがあればしばらくは何とかできるというものです。非常用の水、乾燥して日持ちのする食品は必須です。続いて眠る時に使う毛布や衣類、手袋(軍手など)も用意しておきましょう。他には情報収集のためのラジオや、明かりがない時に役立つ懐中電灯。ケガをした時のための救急箱も防災グッズとして効果的です。万が一の時には、それだけを抱えて非難する。そのことを考えたら防災グッズとして必要なものが見えてくるはずです。

防災グッズとして便利なアイテム

防災グッズも日々進歩しています。もしも便利そうな防災グッズが見つかったら、そちらに買い換えておいた方が良いかもしれません。たとえば懐中電灯ですが、これは電池が切れたら使えなくなってしまいます。しかし手回し発電機能がついたラジオに懐中電灯がついているというものであれば、電池切れの心配をする必要はなく、もしもの時にも安心です。
このような防災グッズの中には携帯電話の充電ができるタイプもあるので、そのようなものであればなお安心です。普通の毛布も防災グッズとしては十分ですが、防災グッズとして保温力や通気性に優れたブランケットなども販売されているので、こちらを用意するのも一つの方法です。日本は地震が多い国だけに防災グッズには力を入れています。ひんぱんに買い換える必要はありませんが、今あるものよりも便利なものが販売されているなら買い換えるのも一つの方法です。

防災グッズとしてあれば良いもの

防災グッズの中には、「必ずいるもの」と「あれば便利なもの」があります。同じ防災グッズでも後者はなくても何とかなりますが、できることなら用意しておきたいものがたくさんあります。防災グッズとしてあれば良いものとして、寒い時のためのカイロや水を大量に入れられる折りたたみ式のタンク、キャンプ用品などがあります。避難場所がいっぱいになってしまった時でも、テントがあれば夜露をしのぐことはできます。どこまで防災グッズとして考えるのかは人それぞれですが、考えつく限り便利なものを用意しておくのも一つの方法です。ただしあまり数を増やしすぎても運べないということがあるので注意して下さい。

防災グッズは優先度を決めて

防災グッズを用意する時、ついあれもこれもと考えてしまいます。しかし防災グッズを用意しすぎてしまったため、いざという時に何を持ち出せば良いのかわからないということもあるので注意して下さい。
防災グッズを用意する時には、緊急用、短期用、長期用でわけて考えておくとわかりやすくなります。長期用は文字通り長期間避難する場合に必要なものなので、一度にすべてを持ち出すのではなく少しずつ持ち出せるように小分けしておくと良いでしょう。子どものいる家庭では、防災グッズとして必要なものも大きく変わっていきます。大人よりも子ども優先で考え、共通して使えるものを用意しておくと効果的です。防災グッズは、どこまで用意できれば安心なのかという区切りがつけにくいものなので、じっくり考えて用意しましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.