TOEICのリスニングで点を取りたいなら 〜リスニングが苦手な人のために〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

TOEICのリスニングで点を取りたいなら

 〜リスニングが苦手な人のために〜

イメージ

TOEICのリスニングは、むずかしいのか?

TOEICのリスニングと聞くだけで苦手意識を持ってしまう人はいます。一般的に日本人はリスニングが苦手と言われており、読み書きはできるけれど聞き取りは苦手という人が実際に多いのです。そうなるとTOEICのリスニングも結果は良くないことになりそうですが、TOEICのリスニングにおいて過去よりも平均点自体は向上しているのです。リスニングが苦手とされていたのは昔の話で、いつまでもそうであるとは限らないということです。TOEICのリスニングで良い結果が出ないのは日本人だからと考えるのは、もしかしたら間違いなのかもしれません。苦手でも乗りこえなければならないものもあるので、TOEICのリスニングについてしっかり向かいあってみて下さい。

TOEICのリスニングで求められるもの

TOEICのリスニングで好成績を残すためには、どうすれば良いのか。TOEICのリスニングで苦労している人にとって、これはとても気になることです。しかし、この問題に明確な答えはありません。その人にとってTOEICのリスニングで好成績を残せた理由は違うからです。しかし、いろいろな人のTOEICのリスニング対策をチェックしてみると、その中から自分にあった方法が見つかるかもしれません。TOEICのリスニングについての勉強法を探しているなら、まずはいろいろな方法を試してみて、自分にあっていると思える方法を探してみて下さい。

TOEICのリスニングを勉強する時のポイント

TOEICのリスニングを勉強する時には、なるべく自分の好きなことと関連づけてみて下さい。TOEICのリスニング対策といっても、結局はリスニング対策をしていることに違いはないからです。「TOEICのリスニングだからこう勉強する」と考えるのではなく、どんなリスニングにも対応できるようになるくらいの気持ちが必要です。リスニング能力を鍛えるための方法として、実際に英語で会話をしている映画やドラマなどを観るという方法があります。ここでのポイントはジャンル選びです。自分の好きなジャンルと、そうではないジャンルの場合、定着率が違います。TOEICのリスニングを勉強するために、まずは自分の好きな作品を英語音声でひたすら見続けてみて下さい。少しずつ言葉が入ってきます。TOEICのリスニングのみの勉強方法ではありませんが、このような方法もあるのです。

TOEICのリスニングは点を取りやすい?

TOEICのリスニングは、リーディングよりも点を取りやすいと言われていることがあります。TOEICのリスニングで苦労している人にとって、これは信じがたいことかもしれません。しかし実際にTOEICのリスニング点数を見てみると、TOEICのリーディングよりも好成績の人が多く見つかります。これはなぜかというと、TOEICのリスニングは問題のポイントを押さえていればわかりやすいからです。TOEICのリスニングにおけるそれぞれのパートで、どこに気をつければ良いのかを把握しておきましょう。単語の聞き取り、疑問詞の確認、選択肢の先読みなど、問題を繰り返していけばどこに注目すべきかが見えてくるのでがんばりましょう。

TOEICのリスニングをあきらめないで下さい

TOEICのリスニングは、リスニングが苦手だからあきらめようと考えてもどうしようもありません。あきらめたとして成績が下がるだけです。TOEICのリスニングに対して苦手意識があるなら、何とかしてその苦手意識を改善しなければなりません。そもそもTOEICのリスニングではなく、リスニングそのものに対しての苦手意識が問題です。その人にとって最適な勉強法が見つかれば、リスニングはどうとでもなります。リスニングがとても苦手という人でも、TOEICのリスニングで好成績を残せたという人はいるのです。もちろんそのためには、並々ならぬ努力をしたことに違いはありません。しかしTOEICのリスニングは、がんばればどうにかできるものなのです。そのことを頭に入れて、自分なりの勉強方法を考えてみましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.