居抜き物件を探そう 〜手間とお金をかけずにお店を開きたい人のためにお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

居抜き物件を探そう 

〜手間とお金をかけずにお店を開きたい人のために

イメージ

居抜き物件とは?

居抜き物件とは、その建物の設備や家具類がそのまま利用できる物件のことです。居抜き物件には中古の家具や設備がついてくると考えれば、わかりやすいかもしれません。居抜き物件の家具や設備は、住居用のものではなくお店用のものがほとんどです。つまり、以前にそこで何らかのお店が営業していた物件のことを、居抜き物件と呼ぶのです。居抜き物件は、少し改修すれば新しくお店を開業する時に便利な物件です。しかし居抜き物件を探す時には、気をつけなければならないポイントがあるので注意して下さい。

居抜き物件はどこまで「居抜き」なのか?

居抜き物件は設備類が残っている状態の物件です。これは具体的にどれくらいまでを指すのでしょうか。一般的に居抜き物件とは、床・天井・壁・厨房(および類似設備)・お手洗いなどの主要設備が残っている状態のことです。しかし居抜き物件によっては、その中のどれかが残っているだけでも居抜き物件として売り出されていることがあります。こういう一部だけの居抜きでは、一部居抜き物件として注意書きがされていることもあるので気をつけて下さい。自分がどのようなお店を開業したいのかによって、すべてが残っている場合と一部だけが残っている場合のどちらが良いのかも変わってくるので、よく考えてみて下さい。

居抜き物件は専門業者から

居抜き物件を専門的に取り扱っている業者は数多くあります。今の時代は次々に新しいお店が開業しては閉店するという状態です。そうなると居抜き物件の数も多く、居抜き物件を専門的に取り扱っていても十分に商売として成り立ちます。居抜き物件を探す時には、一般の不動産業者を利用するよりも、居抜き物件専門業者の方が確実なのです。その専門業者の数も地域によってはかなりの数があるので、まずは自分が物件を探している地域に、どれだけの居抜き物件業者があるのかをチェックしてみて下さい。そうすれば、確実かつスピーディに居抜き物件を探せるようになります。

居抜き物件のここに注意

居抜き物件には、設備類が無料ということもあれば有料で譲渡するという場合もあります。解体すると費用がかかってしまうので全部まとめて居抜き物件として提供するという人もいれば、まだ内装類は綺麗だからお金にならないかと考える人もいるのです。居抜き物件の情報を探していると、さまざまなタイプの居抜き物件が見つかります。その中には、このように居抜き部分にお金がかかるのかどうかという違いもあるので、自身の予算と相談して決めるようにして下さい。内装類が有料の居抜き物件でも、それだけの価値があると判断するなら選んだ方が良い場合は多いのです。

居抜き物件を選ぶ時のポイント

居抜き物件は確かにお得な物件ですが、居抜き物件を選ぶ時には「なぜ以前の店舗は廃業してしまったのか」について調査して下さい。一見すると好立地に見えても、実はあまり客に恵まれない場所だったといったことなどがあります。お店を開業する時に立地はとても重要な条件なのですから、居抜き物件を購入したために以前のお店と同じ道をたどってしまったということがないようにしましょう。ただし業態によっては大きく客層が変わるので、その点も注意が必要です。居抜き物件はお得であるということから、他の部分についてあまり目を向けないという人もいます。そういう人は居抜き物件で失敗する可能性が高いので、気をつけて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.