国際結婚について知っておきたいこと 〜これから国際結婚を考えている人のために〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

国際結婚について知っておきたいこと

 〜これから国際結婚を考えている人のために〜

イメージ

国際結婚とは?

国際結婚とは異なる国の出身者が結婚することです。つまり、お互い外国人同士で結婚するものと考えればわかりやすいかもしれません。国際結婚は、同じ国の出身者が結婚するよりも条件が厳しくなります。しかしそのことについて知っているのであれば、国際結婚は決して無理なことではありません。それでは国際結婚をするにあたって必要なことは何なのか、そしてどのようなことをしていけば良いのかについて勉強していきましょう。異なる国の出身者ということで文化面をはじめとした違いもあるので、国際結婚を考えている人は一度チェックしてみて下さい。

国際結婚は、どちらの国でするのか?

国際結婚をする時には決めなければならないことが一つあります。それはどちらの国で結婚するのかです。たとえば日本で国際結婚をする場合と、外国で国際結婚をする場合とでは、やらなければいけないことも変わってきます。どちらの国で結婚をするのかは、その後どちらの国で生活をしていくのかによって変わってくるものなので、考えるまでもないという人たちもいることでしょう。その場合は、まずその国で国際結婚をするなら、どのようなことをしなければいけないのかを調べてみて下さい。国際結婚は大使館とのやり取りも必要になるので、問い合わせてみて下さい。

国際結婚を日本でする場合

国際結婚を日本でする場合は、日本の役所と相手の国の在日公館に届出をする必要があります。これは基本的にどちらが先でなければいけないということはありませんが、どちらを先にするのかによって国際結婚の手続きが変わってきます。ただし国際結婚をする相手の国によっては、先に日本の役所での婚姻届出の受理が必要な場合もあります。そして婚姻相手の国籍によって、国際結婚の時に必要な書類が変わってくる場合もあります。これは偽装結婚や不法滞在・不法就労を防ぐためです。国際結婚をする時には、それぞれの国籍だとどうなるのかをしっかり調べて下さい。

国際結婚を海外でする場合

国際結婚を海外でする場合は、日本の役所で発行された「結婚要件具備証明書」とパスポートが必要になります。ただしこれは国際結婚で基本的に必要なものであり、国によっては追加の公的書類が必要なこともあります。そして相手国での結婚が成立したあとは、日本の役所に婚姻証明書と日本の婚姻届を提出する必要があります。国際結婚をしたあとは、この書類を3ヶ月以内に届け出なければいけません。そうでなければ処罰の対象になってしまいます。国際結婚を相手の国でする場合も、日本国内でする場合も、両方の国へ届け出なければならないのです。このことは国際結婚についてのことでも、絶対に忘れてはいけないことです

国際結婚は冷静な気持ちで

国際結婚をする時には冷静さを保つことが大切です。結婚をするということで気分が舞い上がってしまう人もいますが、国際結婚の場合はお互いの文化や宗教の違いなどが問題となることがあります。恋人としてつきあっている時には気にならなくても、国際結婚をしたあとに気になりはじめるということもあるのです。こういう部分がうまくいっていないと、国際結婚をしても夫婦生活が長続きしません。国際結婚を控えて心が舞い上がっている人たちもいますが、そんな時にこそ冷静さを持たなければならないのです。国際結婚は良くないということではなく簡単ではないということなので、そこは間違えないようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.