直葬とは何か?〜手間とお金をかけない葬儀の方法について〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

直葬とは何か?

〜手間とお金をかけない葬儀の方法について〜

イメージ

直葬とはどんな葬儀なのか?

直葬とは、火葬だけの葬儀です。身内だけでの家族葬などとは異なり、葬儀自体を行わないことが一番の特長です。そのことから直葬とは、通常の葬儀と比べて安価で済むというメリットがあります。しかし直葬とは死者とのお別れの時間を設けないということから、抵抗があるという人もいます。しかし過去に比べて直葬を希望する遺族は増えています。それでは直葬とはなぜこのように多くの人の間で広まってきているのでしょうか。直葬とはどういうもので、どんなところに注意しなければいけないのかなどを知っておきましょう。メリットもあればデメリットもあるものなので気をつけて下さい。

直葬は、なぜ広まっているのか?

直葬がなぜ広まっているのかという理由には、いくつかあります。一つは家族に迷惑をかけたくないという理由です。直葬とは葬儀自体を行わないものなので、金銭的な負担が軽くなります。もともと余裕がない人は、自身の葬儀を行わずに直葬を希望する人が多いのです。直葬とは子どもや身内がいないからという理由で行われることもあります。遺族がいないため葬儀のしようがないという場合です。また直葬とは、葬儀を行うこと自体を避けたい人からも希望されるものなのです。これはその人の価値観によるものです。このように直葬とは、さまざまな理由で行われるものなのです。

直葬とはどれほどのお金がかかるのか?

直葬はいったいどれだけの費用が必要になるのか。直葬とはお金をかけたくない人に希望される方法です。それでは直葬とは一般の葬儀と比べてどれだけ安くできるのかということになります。直葬の料金も業者によって変わってきますが、直葬は20万円ほどあればできるものなのです。一般の葬儀が150万円前後ということを考えれば、直葬がどれだけ安いものなのかがわかりやすいでしょう。経済的に困っている人たちにとって、葬儀の出費はとても大きな負担になります。だからこそ直葬とはそういう人たちに希望される方法となっているのです。

直葬とはどんなところに注意すべきなのか?

直葬とは、葬儀会社にとって避けたいものに含まれます。直葬とは格安で済ませられる方法ですが、葬儀会社にとって利益が少ないからです。そして直葬とは別に、遺族を言いくるめて盛大な葬儀をしようとする葬儀会社もあるので注意して下さい。直葬をする人たちが増えたのは事実ですが、直葬とは注意すべきところもたくさんある方法なのです。直葬とは、あくまでも個人の考え方や金銭的問題が反映される方法です。誰も彼もが直葬で済ませられるならそれで良いと考えているわけではありません。世間体などもあるので、なかなかむずかしい方法なのです。

直葬とは避けるべきものなのか?

直葬とは周囲の理解が必要なものです。金銭的な問題などからそうせざるを得ないということもありますが、故人とのお別れをしたかったという親族や知人の方への対応を考えなければいけません。直葬とは、こういう問題を抱えているものなのです。直葬とは手間もお金もかからない方法と考えている人が多いのですが「その後の対応が大変だったので普通の葬儀をした方が良かった」という話もあります。直葬とは避けるべきものなのかという疑問に対して、明確な答えはありません。しかし直葬とは、面倒を避けるための方法ではないということも知っておいて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.