折り込み広告の出し方 〜どこへお願いすれば折り込み広告は出せるのか〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

折り込み広告の出し方

 〜どこへお願いすれば折り込み広告は出せるのか〜

イメージ

折り込み広告を用意しよう

折り込み広告を出すためには、まず折り込み広告自体を作らなければなりません。実際にどのような折り込み広告を作るのかにもよりますが、簡単なものならパソコンがあれば自分で簡単に作れます。本当に凝ったものを作るなら広告作成業者にお願いする必要がありますが、ここは自分で好きな方を選ぶことになります。そして実際に原稿ができあがったら、印刷会社へ持ちこんで刷ってもらいます。折り込み広告を作ること自体は、それほどむずかしいことではありません。慣れれば自分でも凝ったものが作れるので努力次第です。問題なのはここからで、折り込み広告をどこへ持ちこめば良いのかということになります。

折り込み広告を出す時には新聞社へ連絡を

折り込み広告は新聞にはさんで配布されるので、どこの新聞に折り込み広告として入れるのかを決める必要があります。できるだけ多くの人が購読している新聞社が好ましいので、まずはそれぞれの新聞社へ確認してみて下さい。その地域によってどれだけの配布部数なのかを教えてくれるので、そこで折り込み広告が何部必要なのかを決めることになります。自分で折り込み広告を用意すれば安く済ませられますが、直接新聞販売店へ持ちこむことになるので面倒なところもあります。自分で折り込み広告を用意する以外の方法として広告代理店へすべてお願いする方法もあるので、どちらが良いのかを考えてみて下さい。

折り込み広告の料金

折り込み広告の料金は地域によって異なります。これはどのサイズの折り込み広告を使うのかによっても変わってきます。1枚3円以下ということもあれば5円以上というところもありますが、こうしてみると折り込み広告はそれほど高いものとは思えないかもしれません。しかし配布する数が多くなれば1円の差がかなりの差になるので注意して下さい。自分で折り込み広告を作るのか、それとも広告作成段階から広告代理店へお願いするのかによってこの差はどんどん大きくなることにも注意しましょう。折り込み広告の料金を1枚単位で掲載しているところもあれば100枚、1,000枚単位で掲載しているところもあるので、いろいろな業者の折り込み広告料金をチェックしてみて下さい。

折り込み広告を利用するメリット

折り込み広告は、確実に購読者の家へ届くことが最大のメリットになります。その中でどれだけの折り込み広告が読まれることになるのかは広告次第ですが、興味を持たなくてもつい読んでしまう人は数多くいます。この点で言えば街頭で広告を配布するよりも、折り込み広告を出した方が確実性は高くなります。また折り込み広告の基本ターゲットは主婦層になりますが、男性でも折り込み広告を読んでいる人は数多くいます。低予算で広告を出すことができ、メインとなるターゲット層がわかりやすく、消費者の手元に残りやすいということが折り込み広告のメリットなのです。これらの部分を活かすことができれば、折り込み広告で大きな効果を出せます。

折り込み広告は他の媒体への入り口にもなります

折り込み広告は効果的な広告ですが、チラシ一枚に掲載できる情報数には限りがあります。詰めこめば折り込み広告にもかなりの情報量を入れられますが、そうなると見にくくなるという問題があるのです。しかし折り込み広告へ、自分のWebサイトのアドレスを掲載しておけば、そこからWebサイトを見てもらえる可能性も高くなります。わかりやすく魅力的なWebサイトを作っても、実際に見てもらえなければ意味はありません。折り込み広告を見てからWebサイトをチェックする人は多いので、そのために折り込み広告を活用しているところも多くあります。折り込み広告は、使い方次第でさまざまな効果に期待できる方法なのです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.