自己破産と住宅ローンの関係 〜もしも自己破産してしまった場合には〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

自己破産と住宅ローンの関係

 〜もしも自己破産してしまった場合には〜

イメージ

自己破産しても住宅ローンは組めるのか?

自己破産しても住宅ローンを組めるのかという疑問を持っている人もいますが、これは無理です。自己破産後に住宅ローンを組もうと思っても、以前にお金のトラブルを起こしてしまった人にローンを使わせてくれるほど、金融機関は甘くありません。そのため自己破産後は住宅ローンを使わずに家を購入するしかありません。住宅ローンに限った話ではありませんが、クレジットカードなど信用でお金を借りる方法はすべて使えなくなります。ただし自己破産で住宅ローンを組めない状態は永続するわけではありません。自己破産と住宅ローンについて勉強して、いろいろな方法について知っておきましょう。

自己破産後に住宅ローンを組みたい場合は?

自己破産後に住宅ローンを組みたい場合は、信用情報機関から自分の名前が消えなければいけません。これはいわゆるブラックリストと呼ばれているもので、平均7年程度は情報が残ります。この情報が残っている間は、自己破産後に住宅ローンを組めません。また7年経てば大丈夫なのかというと、それは間違いです。もっと早く消える時もあれば、7年以上も残り続けることはあります。自己破産後に住宅ローンを組みたいのであれば、7年ほど経ってから審査を受けてみて下さい。情報が消えたと通知してくれるわけではないので、手探りで確認しなければいけないのです。自己破産後の住宅ローンは、基本的にこの問題を解決しなければなりません。そうでなければ自己破産後に住宅ローンは絶対に組めないのです。

自己破産後に住宅ローンが残っている場合は

自己破産後に住宅ローンが残っていた場合はどうなるのか。この場合、ローン自体は消えるのですが、ローンを支払い続けていたものも没収されてしまいます。そもそもローンを支払えないからなどの理由で自己破産をするのですから、ローンだけは続けたいと言ってもどうしようもありません。自己破産後に住宅ローンを続けることはできないので、当然のことながら家を出ることになります。自己破産と住宅ローンは、このようにシビアな関係です。これ以上ないと言えるくらい良い家に住めていたとしても、自己破産後に住宅ローンが残っていたらどうしようもありません。自己破産後の住宅ローンは無効になりますが、それだけでは済まないと覚えておいて下さい。

自己破産後も住宅ローンを支払いたい場合

自己破産後にも住宅ローンを支払って家に住み続けたい。そう考えていても、自己破産をした時点で住宅ローンは続けられません。つまり自己破産後の住宅ローンは原則できないのです。ただしその場合は、他の債務整理をすることで何とかできることもあります。まずは弁護士事務所などに相談してみて下さい。条件次第なので必ずできるというわけではありませんが、可能性があるなら試してみるだけの価値はあります。自己破産後に住宅ローンは続けられないけど、債務整理なら大丈夫かもしれないと覚えておきましょう。自己破産を住宅ローン支払い中に起こすことは、さまざまなリスクがあるということです

自己破産と住宅ローンの関係

自己破産で住宅ローンを利用できなくなっている人は数多くいます。しかし自己破産で住宅ローンが一生利用できないというわけではありません。どうしてもそのタイミングでなければいけないという理由がなければ、無理をせず住宅ローンを組めるようにしましょう。せっかく自己破産後に住宅ローンが利用できるようになるのですから、すぐにローンを組むのではなく万全な状態にしておく方法が一番です。自己破産と住宅ローンは、基本的に相いれるものではありません。ブラックリストから名前がなくなるといってもしばらくはグレーゾーン状態なので、銀行から信用してもらえるように長期間利用することもおすすめします。自己破産後に住宅ローンを利用するなら、できることは何でもやっておきましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.