BTOパソコンを買おう 〜安くてハイスペックなパソコンを手に入れるためには〜お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

BTOパソコンを買おう

〜安くてハイスペックなパソコンを手に入れるためには〜

イメージ

BTOパソコンとは何か?

BTOパソコンのBTOとは「Build To Order」の略称で、その名の通り受注生産式のパソコンということです。つまりBTOパソコンとは、注文を受けてから商品を生産して販売されているパソコンのことです。パソコンの生産とはなっていますが、既存の市販されているパーツから選択して一台のパソコンを組み上げる形式なので、BTOパソコンは注文から到着までそれほど時間がかかりません。しかもBTOパソコンなら選択できる範囲内とはいえ自由にスペックを選べるため、より自分に適したパソコンが手に入りやすくなります。これからパソコンを買う時の選択肢としてBTOパソコンについても考えてみて下さい。

BTOパソコンと自作パソコンの違い

BTOパソコンは自作パソコンと何が違うのかと疑問に思われる方もいます。自分でパーツをカスタマイズできるという意味では、自作パソコンもBTOパソコンも同じものと言えるかもしれません。しかしBTOパソコンは、メーカー側で組み立ててくれるから完成された状態で手に入れられます。しかもBTOパソコンは、あらかじめパーツごとの相性も考えて選ばれた構成となっているため、後で問題が起きる可能性が低いのです。ただし自作パソコンよりも自由度が低いという特徴もあるので、人によってBTOパソコンが良いこともあれば、自作パソコンの方が良いこともあるのです。

BTOパソコンのメリット

BTOパソコンは、一般的に販売されているメーカー製パソコンよりも値段が安いというメリットがあります。
これはメーカーが受注を受けてから生産できるため、在庫を抱える必要がないことなどからコストダウンができるからです。またBTOパソコンではプリインストールされているソフトがないので、余計なものが入っていない環境でパソコンを手に入れられます。そしてこれもBTOパソコンのコストダウンに影響しているのです。
自分で組み立てる必要がないこともBTOパソコンのメリットです。組み立てることが楽しい人にはデメリットとなるかもしれませんが、面倒なことを嫌う人には大きなメリットとなります。これらがBTOパソコンのメリットとして特徴的な部分です。

BTOパソコンのデメリット

BTOパソコンは安くてハイスペックなパソコンが手に入れられますが、初心者がいきなりBTOパソコンを買うのはむずかしいので気をつけて下さい。それぞれのパーツについていったい何のことを説明しているのかわからないという人には、BTOパソコンをおすすめできません。スタンダードな構成で買うのも一つの方法ですが、BTOパソコンは基本的に中〜上級者向けの商品なのです。
また、自作と比べて組み立てる時間などが必要なため、納品まで3〜5日から1週間以上かかってしまうこともBTOパソコンのデメリットと言えます。すぐに必要な人なら、別な方法で購入した方が良いかもしれないのです。BTOパソコンのメリットとデメリットは人によって受け止め方が違うので、自分にとってどうなのかを考えてから購入して下さい。

BTOパソコンは目的を考えて選ぼう

BTOパソコンは自由度が高く、メーカー側でもさまざまなモデルを用意しています。目的に合わせたモデルによってパーツ選択の幅が違うので、BTOパソコンを買う時はここに気をつける必要があります。ビジネス用のBTOパソコン、ゲーム用のBTOパソコン、スタンダードな構成のBTOパソコンなどが代表的です。CPUの種類をどれにするのかによって他の部分の構成も変わってくるので、BTOパソコンを注文する時には複数のモデルをチェックして注文するようにして下さい。ゲームをするつもりがなくてもゲーム用BTOパソコンの構成が魅力的に感じられることもあるので、よく考えてから注文して下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.