ペット供養ってどうするの? これみりゃばっちり ペット供養の進め方 お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

ペット供養ってどうするの?

これみりゃばっちり ペット供養の進め方

イメージ

ペット供養とは何でしょう?

ペット供養とはその名前の通りで、ペットを供養するためのものですが、ここではサービスとして提供されているペット供養について触れていきます。ペットの家族化が進み、ペットが亡くなった時に人間と同じように法事、埋葬をする人が多くなりました。そのことからペット供養がサービス化され、ペット霊園といったものも登場しました。ペット供養のやり方は、サービスを提供しているところによって違いがあります。詳しいことはそこで説明を受けられますが、まずはペット供養とはどんなものなのかをチェックしてみて下さい。

 

ペット供養の種類について

ット供養で一般的なのが、ペット霊園への埋葬です。ペット供養がまだ一般的ではなかった頃は、霊園の片隅にペットを埋葬していました。しかしその後、需要が増加したことによってペット霊園が登場したのです。特別なサービスを利用しないペット供養として、庭への埋葬があります。私有地の庭でなければいけなく、近隣への腐敗臭も考慮しなければいけませんが、家庭でできるペット供養の方法です。最後に行政に任せるものですが、自治体への処分依頼です。自治体によってはペット専用の火葬炉がありますが、遺骨を持ち帰ることはできません。

ペット供養の特殊な納骨方法

ペット供養の中でも、特殊な納骨方法があります。納骨は霊園へ骨を納めるものですが、ペット供養の場合、ペットの遺骨を加工してアクセサリーにすることができます。これによっていつまでもペットとともにいることができるのです。ペット供養の中では手元供養と呼ばれているもので、このサービスを提供しているペット供養業者は意外と多くあります。ペットの遺骨を納めたものや、ペットの遺灰からダイヤモンドを作るというものもあります。ペット供養には色々なやり方があるので、自分の気持ちや置かれている環境の中で、ベストといえる選択をしましょう。

ペット供養の移動火葬

ペット供養ができる場所は、どこにでもあるというわけではありません。自分が住んでいる地域の近くでペット供養ができない場合は、移動火葬サービスを利用する方法があります。これも対応地域でなければむずかしいのですが、通常のペット供養サービスと比べれば、対応してくれる地域が広いので安心です。
ペット供養の移動火葬では、合同火葬後に共同墓地へ埋葬されるもの、火葬はするが立ち会いができないもの、個別火葬で遺骨を拾うまで立ち会いができるものに分けられます。ただペット供養のために移動火葬サービスを利用するのではなく、どういう供養をしたいのか、それによってどこにお願いするのかが変わってくるのです。

ペット供養の注意点について

ペット供養をするなら、信頼できるペット葬儀会社を選びましょう。ペット供養をしてくれる業者の数はたくさんありますが、中にはずさんどころか、供養をせずに処分をしていたというところもありました。
ペット供養は自己満足の意味合いが強いかもしれませんが、ともに過ごしてきたペットを供養したいという気持ちは本物です。とりあえず安いところでと考えるのではなく、最後までしっかりとペット供養をしてくれる葬儀会社を選んで下さい。口コミ情報などを参考にすれば、どこの葬儀会社が良いのかという情報は手に入ります。納得のできるペット供養ができるようにして下さい。

 

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.