火葬式のすすめ。

火葬式のすすめ。

火葬式とは?

火葬式とは、通夜や告別式を行わない、とてもシンプルな葬式です。火葬式は直葬とも呼ばれており、このことからどういうものなのか想像はできます。葬式とはいったい何のために行うのかというと、故人の周囲の方々が一つの区切りをつけるためのものです。そのために通夜や告別式は本当に必要なものなのかというと、中には不要と考える人もいます。そういう方々からの需要があるため、火葬式が成り立っているのです。火葬式はさまざまな葬儀会社で対応してくれますが、どういうものなのかを知っていなければ良い火葬式はできません。今後火葬式を行うという考えがあるのなら、火葬式はどういうものなのかチェックしておきましょう。

火葬式の流れについて

火葬式は、さまざまな葬儀形態の中でもっともシンプルなものです。病院などで死亡が確認された後に寝台車で搬送し、お棺へ遺体を納棺します。ここまでの流れは、通常の葬儀も火葬式も違いはありません。しかしここからが火葬式独特のもので、通夜や告別式は一切行わず、火葬場へ出棺することになります。その後火葬を行い、収骨するのが火葬式の流れです。一般的な葬儀の流れを知っているなら、火葬式はとてもシンプルなものに感じられます。しかしそれこそが火葬式の特徴であり、故人と過ごす時間を多く取れるというメリットへ繋がっていくのです。

火葬式の費用について

色々なメーカーのジューサーがありますが、ミックスジュースを作る目的であれば、価格は3,000円前後のもので十分です。
選び方のポイントとしてはフタ、受け皿は水洗いできることはもちろん、カッター部分を取り外すことが出来、洗うことが出来れば、いつまでも清潔ですね。最近のジューサーにはカッター部分専用のブラシが付いているメーカーもあります。
お使いの検索エンジンで「ジューサー」と入力して探してください。

火葬式のメリットとデメリット

火葬式を行うことには、メリットとデメリットがあります。どちらか一方だけを見て判断するのではなく、両方を確認してから火葬式にするのかどうかを考えて下さい。火葬式のメリットは、費用を抑えることができて遺族への負担が少ないことです。通夜や告別式を行わないだけで、かなりの違いがあります。反対に火葬式のデメリットですが、通夜や告別式を行わないために十分なお別れの時間がないことです。忙しさがない分、お別れの時間に集中できますが、時間的な長さで考えれば火葬式は不十分に感じられることがあるのです。火葬式のメリットとデメリットは表裏一体なものなので、その中で自分たちにとってどちらが大きいのかを考えて下さい。

火葬式の注意点

火葬式には、さまざまな注意点があります。まず葬儀会社によっては火葬式を引き受けてくれないところがあるので、事前に調べておいて下さい。お寺にお墓を持っている場合は、火葬式をおすすめできません。これはお寺が宗教儀式を執り行うべきと考えているため、火葬式をすることによって軋轢を生む可能性があるからです。もしも火葬式を考えているなら、自分たちの事情を踏まえてお寺に相談しましょう。
火葬式は誰もが理解を示してくれるものではなく、故人との最後の時間を過ごしたいという親族もたくさんいます。そのため周囲の理解を得てから火葬式を行うようにして下さい。これらが、火葬式を選ぶ場合に注意しなければいけないことです。

↑