家族葬のすすめ。 知識、費用、行い方、注意点、葬儀会社の選び方お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

家族葬のすすめ。 知識、費用、行い方、注意点、葬儀会社の選び方

イメージ

家族葬とは何か?

家族葬とは、その名の通り家族のみで行われる葬儀です。似たようなものとして密葬がありますが、家族葬は友人・知人も参列できます。基本的には少人数で行う葬儀と考えると、わかりやすいものです。
家族葬自体は葬儀社が考えたもので、特別宗教的な意味を持っているわけではありません。基本的には、通常の葬式と何ら変わりのないものです。家族や親戚の少ない方や、お付き合いの範囲が広くない方は家族葬が向いているとされています。しかし見方を変えれば、ごく親しい身内だけで故人との最後のひとときを過ごしたいという葬式ともいえます。これが家族葬と呼ばれているものです。

 

家族葬の種類

家族葬の種類といっても、色々なものがあるわけではありません。一般的に家族葬といわれているのは、身内だけで行われるものです。ここに親しい付き合いのある方が入る場合もありますが、基本的には家族のみで行われる葬儀と思って下さい。家族葬の中には、葬儀自体を行わずに火葬だけで済ませてしまう場合もあります。この他にも、別途葬式やお別れ会を行う家族葬もあります。葬儀会社によって家族葬にも色々なものがありますが、数多くの種類があるわけではありません。密葬や自由葬と一緒になっているところもあるので、事前に確認して下さい。

家族葬にかかる費用の相場

家族葬をしようかと考えている方にとって気になるのが、いったい費用がどれくらいの相場なのかです。しかし家族葬にかかる費用の相場には、これといったものがありません。通常の葬式よりも小規模で行われることから、家族葬の費用が安いのは確かです。しかし身内の人数がどれだけいるのかからはじまり、どこで葬式をするのかによって費用は大きく変わります。安く家族葬ができるところなら40〜50万円で可能というところもありますが、条件が変わると100万円以上になってしまうこともあります。家族葬といっても、ただ安く済ませるためのものではないことを覚えておいて下さい。

家族葬の流れ

家族葬の流れといっても、基本的に普通の葬儀と大きな違いはありません。葬儀社への連絡からはじまり、遺体を安置して家族葬の打ち合わせをします。事前にある程度の話を進めていれば、家族葬の打ち合わせはスムーズに進むはずです。家族葬の場合は身内しかいないため、一般の葬儀で行われる親しい方への挨拶は省かれる場合があります。通常の葬儀の流れを知っている人なら、特に違和感をなく勧められるはずです。家族葬という名前だけを見ると、何か特別なものと思えるかもしれません。しかし家族葬は小規模な葬儀のことなので、一般の葬儀の流れをチェックすれば把握できるはずです。


家族葬の注意点

家族葬は身内のみで行うものですが、それだけにどこまでの関係者に声をかけるべきなのか悩んでしまいます。そのため事前にしっかりと参列者を決めておく必要があります。
それが上手くいかなかったら、家族葬をしたあとで招かれなかった人とトラブルになってしまう可能性があるのです。家族葬を行ったからそれでおしまいというわけではなく、後日弔問客の応対が必要になります。これは通常の葬儀よりも、参列者の少ない家族葬の方が多くなる可能性が高いものです。家族葬は身内のみでシンプルにできるものですが、それだけで終わるものではないことを覚えておいて下さい。

 

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.