香典返しの選び方。

香典返しの選び方。

香典返しとは

香典返しとは、葬儀の際に出席してくれた方から受け取った香典に対するお礼のことです。香典返し自体はお金ではなく、ものを贈るのが一般的です。実は本来、香典返しというもの自体はないものとされていますが、今では当たり前のものになりました。香典返しは葬儀の形式によって変わってくるものもありますが、基本的には二つの方法で返します。一つは葬儀の当日に渡す即返しで、もう一つは後ほど返します。各宗教・宗派によって香典返しの返し方が変わってくるので、事前に調べておいて下さい。自分たちはこうしたいという感覚で決めるものではないので、覚えておきましょう。

香典返しのマナー

香香典返しには、いくつかマナーがあるので覚えておいて下さい。基本的に香典返しは、四十九日の忌明け法要が無事に終了した後で、忌明けの報告とお礼を兼ねて行うものです。そのため香典返しは、忌明けから一ヶ月以内に行うのが一般的です。ただしその間に年を越してしまう場合は、三十五日をもって忌明けとして香典返しを行うことがあります。これが本来のマナーですが最近では変わってきており、なるべく早くお返しを済ませたいということで、葬儀後や初七日の頃に行う場合もあります。香典返しをどのタイミングにするのか決めるのは自分たちなので、非常識にならない程度で考えておきましょう。

香典返しに挨拶状を

香典返しは、本来一軒一軒手渡しをするものとされていました。しかし送り先によってはそれがむずかしいということもあり、今では宅配で香典返しをする家が多くなりました。もしも宅配を利用するなら、挨拶状を添えるのがマナーなので忘れないで下さい。香典返しの挨拶状自体は、宅配業者などで雛形が用意されているので、一から考える必要はありません。しかし自分たちの気持ちをこめて贈るものなので、オリジナルの挨拶状を作る人も多いようです。香典返しの挨拶状はどのようにすれば良いのか気になる人は、インターネットで見つかる文例を参考にしてみて下さい。

香典返しの相場

香典返しの相場は、一般的に半返しとされています。つまりいただいた香典の半額程度ということです。しかしこれは地域や宗派によって異なるもので、香典返しは三割程度が相場とされているところもあります。香典返しでは気持ちをこめるのが一番大事なことなので、絶対に相場を守らなければいけないということではありません。三~五割の間にすれば間違いないと覚えておくと良いでしょう。香典の金額はバラバラなので、香典返しもいくつかの金額帯に分けて選んでおき、そこから割り振るようにすれば簡単です。香典返しの金額で迷っている人は、これらを参考にしてみて下さい。

香典返しに良いもの

香典返しは、あとに残らないものとして消耗品を選ぶのがマナーでしたが、最近ではその考え方も少なくなりました。現在の香典返しは、もらって役に立つ実用品を返すことが多いようです。香典返しとして選ばれるものの例として、シーツ、バスタオル、石鹸、漆器、洗剤セット、砂糖といったものがあります。しかし香典返しはこういうものにしなければいけないというわけではなく、カタログギフトを用いる人も増えてきました。香典返しとしてカタログギフトを贈れば、相手がその中から欲しいものを選ぶことができます。これなら金額を決めておけば選ぶ手間も省けるので、とても便利です。

↑