念珠・数珠の選び方。  生活に密着した念珠・数珠を選びましょうお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

念珠・数珠の選び方。生活に密着した念珠・数珠を選びましょう

イメージ

念珠・数珠とは?

念珠・数珠は、穴の開いた多くのたまに糸を通したもので、仏教における法具とされています。念珠・数珠起源は古代インドのバラモン教で使われていたものともいわれていますが、正確な来歴は明らかになっていません。
日本に念珠・数珠が伝来したのは飛鳥時代とされており、その後、浄土宗が流行するのをきっかけに、念珠・数珠が一般に普及しました。念珠・数珠にはさまざまなものがあり、ファッションとして念珠・数珠を身に着けている人もいます。これから新しく購入しようと思っている人は、いったいどういうもので、どんな種類があるのかなどをチェックしてみて下さい。

念珠・数珠の種類

念珠・数珠の基本となるのは本連数珠と呼ばれているもので、主珠が108珠あるものです。基本的には二重にして使われるものですが、この念珠・数珠は宗旨・宗派により形状や持ち方に決まりがあるので注意して下さい。手軽に持てる念珠・数珠として、片手数珠と呼ばれているものがあります。これは108珠の半分である54珠、1/3の36珠、1/4の27珠、1/6の18珠となっています。この他の念珠・数珠には、浄土宗・時宗用の三万浄土・八万浄土と呼ばれるものや、1,080珠ある百万遍念珠と呼ばれているものもあります。ひとくちに念珠・数珠といっても、これだけの種類があるのです。

念珠・数珠の使い方

念珠・数珠の使い方は、真言・念仏の回数を数えるために珠をつまぐるというものや、念仏の際に音を立てて揉むというものです。しかし浄土真宗では念珠・数珠をつまぐったり音を出したりすることはありません。これは仏前での崇敬の念の表れとして用いるからです。念珠・数珠の中には中糸をゴムなどにして腕に着けるものもありますが、こういう念珠・数珠だと本来の使い方はできません。ブレスレット型の念珠・数珠は、ファッションのためにあると考えた方が分かりやすいですね。一つしか持ってはいけないというものではないので、用途にあわせて揃えましょう。

念珠・数珠のオーダーメイド

念珠・数珠の専門店では、念珠・数珠のオーダーメイド製作をしてくれるところがあります。自分が持つ念珠・数珠にはこだわりたいという人は、思いきって注文してみてはいかがでしょうか。オーダーメイドの念珠・数珠は、市販品にはない凝った造りのものができます。グラデーションのある念珠・数珠を作れるということや、しっかり自分にあったサイズのものを作れるというのも大きなポイントです。ただし念珠・数珠のオーダーメイドは、普通に購入する場合と比べて値段が高くなるので注意して下さい。こだわりのものを1つ持っておきたいという人におすすめです。

念珠・数珠は用途に合わせて

念珠・数珠は一つだけ良いものを持っておいて、それで全部済ませるという人がいます。しかし種類が色々あり、値段もさまざまなものがあるので、用途別に揃えてみても良いでしょう。念珠・数珠を使う機会は意外とあるもので、お悔やみの時に持って行く念珠・数珠、お墓参りの時に持って行く念珠・数珠と使い分けている人はたくさんいます。念珠・数珠について調べてみると色々なタイプが見つかるため、なかなか選びきれないかもしれません。それなら複数の念珠・数珠を用意すればいいのです。個人の好みで選べるものなので、「これだ」というものを探してみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.