神棚神具の選び方。 これみりゃばっちり 後悔しない神棚神具選びについて

神棚神具の選び方。 これみりゃばっちり 後悔しない神棚神具選びについて

神棚神具とは何か?

神棚神具は、家や事務所において神道の神を祀 (まつ) るために必要なものです。絶対になければいけないというものではありませんが、親や先祖から代々受け継いでいて、そのまま持ち続けているという人はたくさんいます。神棚神具の扱いについては自然と教わっていくことが多いのですが、色々と知らないことがあるので困っている人もいます。そもそも神棚神具を買うためにはどうすれば良いのか、神棚神具はどう祀れば良いのかということを知らない人もいます。今後困らないためにも、神棚神具について色々なことを知っておきましょう。

神棚神具の大きさ

神棚神具を買う時に気になるのが、どんな大きさのものを買えば良いのかということです。色々な家にある神棚神具を見てみると、同じようなサイズのものもあれば、明らかに作りから違うものもあります。神棚神具の大きさは、まずお祀りする部屋の大きさから決めていきます。一般的には八畳前後の部屋に三尺六寸五分の棚板が一般的です。しかし部屋のサイズはどこも八畳というわけではないので、それにあわせて神棚神具の大きさを考えていきましょう。基本的には天井近くに設置するものなので、大きくてもあまり気になりません。神棚神具を買う店で、どれくらいのサイズが良いのか聞いてみて下さい。

神棚神具を買う時期

神棚神具はどういう時期に買うものなのか、これは色々なタイミングがあります。家を新築した時は、当然一緒に神棚神具も新しく揃えます。この他にも、結婚して新居生活をはじめる時もあります。また厄年や年祝いの時や代替わりの時も、神棚神具を取り替えるタイミングになりますね。思わぬ悪いことが続いた時、逆に良いことが続いた時に、神棚神具を取り替えるという人もいます。他には、お祀りして五年単位で取り替えるということもあるので、意外と機会になることは多いのです。もちろんこれらのタイミングで絶対に替えなければいけないわけではありませんが、二十年に一度は神棚神具を取り替えると良いとされています。

神棚神具を通販で

神棚神具は基本的に専門店で買うことになりますが、近くにそういうお店がない時には通販を利用するのも良いでしょう。かえって通販の方が本格的に色々な神棚神具を取り扱っているショップもあるので、選択肢が広がるというメリットもあります。神棚神具のようなものを通販で買うことに抵抗を感じる人もいるので、これは絶対におすすめという方法ではありません。しかし通販だからといって、必ずしも粗悪な神棚神具を扱っているということでもないので覚えておいて下さい。一番大事なのは、ここなら信頼できるというところで神棚神具を買うことです。そこはしっかり覚えておいて下さい。

神棚神具の祀り方に注意しよう

神棚神具の祀り方には、色々な種類があります。どんなお宮を用意するのかによってお祀りする神様に違いがあるので注意して下さい。神棚神具について知らない人から見ればどれも同じに見えるかもしれませんが、そうではないのです。神棚神具の中でも一般的なのが、扉が一枚の一社造りと三枚の三社造りです。そしてこの造りの中でも、どんな場所に設置してどんな神様をお祀りするのかによって、用意する神棚神具が変わってきます。どういう違いがあって何を用意するべきか専門店で教えてもらえるので、神棚神具をこれから用意するならしっかり調べてからにしましょう。

↑