位牌の選び方。 これみりゃばっちり 後悔しない位牌選びについてお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

位牌の選び方。 これみりゃばっちり 

後悔しない位牌選びについて

イメージ

位牌とは何か?

位牌とは死者の戒名などを記した木の板のことで、死者の祭祀(さいし)のために用いられるものです。禅宗とともに日本に伝わり、江戸時代から一般化しました。ちなみにその数え方は「柱(はしら)」となっているので、覚えておくと良いでしょう。今まで位牌についてほとんど知らなかったという人もいると思いますが、お墓を受け継ぐことになったら位牌についての知識は必要になります。実際に位牌を購入する時になってから勉強するのではなく、前もってどういうものなのか勉強しておきましょう。また位牌は宗派によって細かな違いがあるので、自分のところではどのように扱うのかを調べておいて下さい。

 

位牌の種類

位牌は用途ごとに色々な種類があり、枕飾りや葬儀に用いられる内位牌、墓石に文字が刻まれるまでお墓に置いておく野位牌、四十九日の法要までに用いられる、本位牌、お寺に供養の布施とともに収める寺位牌があります。位牌自体も、大きさ・色・形などの違いがあります。定番といわれているものから創作位牌というものもあるので、どんなものが良いのかチェックしてみて下さい。位牌の種類について一つ注意してもらいたいのが、男女や宗派の違いによる差はないということです。厳密には宗派の違いで入れる文字の違いがありますが、どんな形にものにするか指定されているわけではないので、覚えておいて下さい。

位牌の選び方

位牌を選ぶ時には、それぞれの大きさに気をつけて下さい。先祖代々の位牌を一番大きくして、それから新しい位牌になるほど小さくしていくという習慣もあります。ただしそれを続けることにも限度があるので、一定の小ささになったら同じサイズの位牌を作っていくことになります。新しく位牌の購入を考えているなら、仏壇のサイズと先祖の位牌とのバランスを考えると覚えておきましょう。屋根付きのものと屋根なしのものがありますが、新しく作る時には屋根なしの櫛形位牌が一般的です。詳しいことは注文する時に確かめると、間違いが起こらないので覚えておいて下さい。

位牌を選ぶ時の注意点

位牌には色々なものがあり、単純に値段で考えても数千円のものから数十、数百万円のものもあります。ここで一つ覚えておいてほしいのが、位牌は長く使うものということです。豪華なものにする必要はないといっても最低五十回忌まで残していくものなので、長もちする良いものを作った方が良いでしょう。位牌を選ぶ時には大きさに注意しなければいけないので、現在ある位牌がどの程度の大きさなのかをメモしておいて下さい。そして位牌選びで何よりも大事なのは、故人に相応しいものを選ぶことです。これらが分かっていれば、安心して位牌選びができるはずです。

位牌は通販からでも買える

位牌をどこで買えば良いのかというと、基本的に仏具屋です。実際にお店で話を聞いてみることで勉強できることもあるので、位牌を買う時には地元の仏具屋がおすすめです。しかし安く位牌を買うのなら、通販を利用する方法もあります。必要な情報が揃っていれば、後はそれを通販に対応した仏具屋へ伝えるだけです。通販だから全てが安いとはいいませんが、少なくとも位牌を選ぶ時の選択肢として入れても良いでしょう。位牌の通販サイトをチェックしてみるt、気にいった形の位牌が見つかることもあるので、選択肢の一つとして覚えておいて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.