マイル(マイレージ)の賢い貯め方お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

マイル(マイレージ)の賢い貯め方

イメージ

マイル(マイレージ)とは何か

マイル(マイレージ)とは、航空会社が実施しているポイントプログラムのことです。正しくはシステム自体をマイレージと呼び、ポイントのことマイルと呼びます。マイル(マイレージ)を貯めれば、そのマイル(マイレージ)を国内線や国際線での無料券航空券などと引きかえることができます。
普通のお店でのポイントでは買いものをすることによってポイントが溜まりますが、マイル(マイレージ)の場合は飛行機に乗ると貯められるようになっています。つまり飛行機を利用する機会が多い人なら、それだけマイル(マイレージ)を貯めやすいということです。

マイル(マイレージ)を貯めるためには

マイル(マイレージ)を貯めるためには、まず飛行機を利用することです。これはフライトマイルと呼ばれているもので、航空会社や航空券によって積算率が異なります。この他にマイル(マイレージ)を貯める方法として、クレジットカードを利用するとポイントとして貯められるというものもあります。こちらは最初からマイル(マイレージ)として貯まるものではなく、クレジットカード会社が付与するポイントを、航空会社のマイル(マイレージ)と交換できるというものです。この仕組みを上手く利用することができれば、マイル(マイレージ)を効率良く貯めていくこともできるようになります。

マイル(マイレージ)の賢い使い方

マイル(マイレージ)は、主に航空券を手に入れるために使われます。これを上手く活用することで、旅行費用を大幅に節約することもできるようになります。マイル(マイレージ)は航空券にしか使うことができないと考えるのではなく、航空券でお得できるものと考えるようにしましょう。この他にもマイル(マイレージ)特典として、座席のグレードアップやその航空会社で独自のマイル(マイレージ)特典があるので活用していきましょう。先ほどの例とは逆に、航空会社のマイル(マイレージ)を電子マネーやクーポン券、提携会社のポイントと交換できる場合もあるので、マイル(マイレージ)を賢く使っていきましょう。

マイル(マイレージ)の注意点

マイル(マイレージ)を貯めたり使用したりするときは、色々と注意が必要なことがあるので覚えておいて下さい。マイル(マイレージ)を使用した無償航空券と交換するときには、一般的に会員本人以外だと配偶者と両親と祖父母の子どもなど、二親等以内の家族(親族)のみが使えます。
友人や恋人の旅費のためにマイル(マイレージ)を使おうと思っても、使うことができないのです。マイル(マイレージ)の貯め方も実際に探してみると色々な方法があり、普段利用しているサービスでも見落としている可能性があります。マイル(マイレージ)を本格的に活用するのなら、このようなポイントを見逃さないようにしましょう。


マイル(マイレージ)を賢く貯めよう!

マイル(マイレージ)は、基本的に飛行機を利用して貯めるものです。しかし中には、普段は飛行機にまったく乗らないのに、マイル(マイレージ)を貯めて、その分で無償航空券を手に入れて旅行しているという人もいます。クレジットカードで生活費のほとんどを払うようにすれば、そこで貯まったポイントをまるまるマイル(マイレージ)と交換することができます。こういう人たちは陸(おか)マイラーと呼ばれており、マイル(マイレージ)を上手く使いこなしている人たちと言われています。
マイル(マイレージ)の賢いため方といっても、それほど数があるわけではありませんが、少しでも無駄をなくしてマイル(マイレージ)を貯めていくと便利なので覚えておきましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.