『ライター修行』 どうやればフリーライターになれる?

『ライター修行』  どうやればフリーライターになれる?

フリーライターとは?

フリーライターとは、自由契約の文章家のことです。フリーライターはどこかに所属しているというわけではなく、自由に仕事を引き受けることができます。しかしその反面、安定した仕事がないという不安定さも、フリーライターが持つ一面です。フリーライターはさまざまなジャンルに精通して、さまざまな仕事を引き受けられるだけの能力が必要になります。ただフリーライターになるというだけなら、むずかしいものではありません。しかしそれで生活できるようになって、はじめて一人前と言えるものです。

フリーライターに求められるもの

フリーライターに求められるものは何かというと、それはとても単純なものです。まずライターであることから、文章力と構成力は必要不可欠です。文章力のないフリーライターに仕事を依頼する人はいません。そしてフリーライターは自分で取材することもあるので、取材力が必要になります。これらはフリーライターに限らず、ライター業なら誰にでも求められるものです。そしてフリーライターに必要なものとして、自分で仕事をとってこられるだけの営業力があります。これらの要素が揃っていなければ、フリーライターとしてやっていくことはできません。

フリーライターの仕事

フリーライターの仕事はどんなものなのかというと、これは説明がむずかしいものです。フリーライターの仕事は“もの書き”と言ってしまえばそれまでですが、いったいどういうものを書くのかということになります。特定ジャンルに強いフリーライターもいれば、さまざまなジャンルで活躍できるフリーライターもいます。フリーライター自体が特に縛りのあるようなものではないので、その人に書ける文章ならばそのジャンルのフリーライターと言えるようになるのです。漠然としたイメージしかわかないという方もいるでしょうが、元々そういうものなのだと考えましょう。

フリーライターのメリット

フリーライターのメリットは、その名の通り自由であるということです。どこかに所属しているライターの場合、書く内容、時間、報酬額など、さまざまな要素が決められてしまいます。その代わり安定した仕事が見こめるのですが、メリットが大きいと考えるかどうかはその人次第です。フリーライターは自分の時間を自由に使うことができ、仕事を引き受けるかどうかは自分次第です。フリーライターとして人気が出れば報酬も高くなり、報酬自体も自分で交渉できるようになります。そこまでのフリーライターに慣れたら立派な一人前ですが、誰もがそうであるとは言えません。フリーライターのメリットよりもデメリットの方が大きいと思ったのなら、無理にフリーライターでいる必要はないのです。

フリーライターになるためには

フリーライターになるために、特別なことは必要ありません。名乗ってしまえばなれるようなものです。しかし実際に仕事を請けて信頼を得て、それなりの収入が得られるようになってこそ、本当の意味でのフリーライターになれます。フリーライターとしての自分を、誰かが見つけてくれるようなことはありません。自分が持っている人脈などを活用して、フリーライターとしての仕事ができるようにしなければいけません。フリーライターという仕事は、考えているほど簡単なものではないので、フリーライターになりたいと思っている方は考えを改めるようにしましょう。

↑