さっぽろ雪まつりに行こう!

さっぽろ雪まつりに行こう!

さっぽろ雪まつりとは

さっぽろ雪まつりとは、毎年2月に札幌で開催される雪の祭典です。さっぽろ雪まつりの最大の特徴として、雪で作った大小さまざまな像が展示されるというものがあります。さっぽろ雪まつりでは雪像以外にもすすきのの会場に氷像が展示されており、まさに雪まつりという雰囲気を演出しています。さっぽろ雪まつりには北海道内だけではなく、日本国内以外にも海外から観光客が訪れ、その数は何と200万人にもおよびます。このことから、さっぽろ雪まつりは北海道でももっとも大規模なイベントとなっているのです。さっぽろ雪まつりは多くの方に愛されていると同時に、大きな経済効果をももたらしてくれるものとして、北海道の重要なイベントなのです。

さっぽろ雪まつりの雪像

さっぽろ雪まつりの顔とも言われている雪像ですが、これは基本的に自衛隊の力によって作られています。もちろん自衛隊だけというわけではありませんが、その多くを作っていることから、さっぽろ雪まつりは自衛隊の協力なくしてあり得ないと言われるまでになりました。さっぽろ雪まつりの雪像は、一般市民が作ることもできます。本格的なサイズのものではありませんが、それぞれが独自のテーマで作る雪像は、さっぽろ雪まつりで欠かすことができません。ただ見て楽しむだけでなく自分たちで作れるということも、さっぽろ雪まつりでの雪像の醍醐味です。

さっぽろ雪まつりの楽しみ方

さっぽろ雪まつりの楽しみ方は、ただ雪像を見るだけではありません。会場で行われるさまざまなイベントがあってこその、さっぽろ雪まつりです。雪像があまりにも有名すぎるため一般の方にはあまり知られていませんが、式典をはじめとしたさまざまなイベントも見応えがあります。さっぽろ雪まつりは見るだけではなく、実際に雪像を作る楽しみ方もあります。誰でも参加できるというわけではなく抽選によって選ばれるものですが、さっぽろ雪まつりの会場に自分たちが作った雪像が並ぶのは良い思い出になります。このようにさっぽろ雪まつりには、さまざまな楽しみ方があるのです。

さっぽろ雪まつりへの行き方

さっぽろ雪まつりは、その名前の通り札幌で開催されるイベントです。そして札幌へ行くことができれば、さっぽろ雪まつりの会場に迷うことはまずありません。さっぽろ雪まつりの大通り会場、すすきの会場、つどーむ会場は、地下鉄駅を降りればすぐの場所にあるので、地下鉄に乗ることができればすぐにわかります。さっぽろ雪まつりの大通り会場は南北線の大通り駅、すすきの会場は南北線のすすきの駅、つどーむ会場は東豊線の栄町が最寄り駅となっています。ここまで到着することができれば、さっぽろ雪まつり関連の案内がたくさんあるので、すぐに会場へ行けます。

さっぽろ雪まつりに行こう

さっぽろ雪まつりの雪像自体は、テレビやインターネットでも見ることができます。しかしそれだけで見ても、さっぽろ雪まつりの本当の面白さは味わえません。やはり実際にその目で現物を見てこその、さっぽろ雪まつりです。北海道の人以外だとなかなか行く機会がないかもしれませんが、それだけの苦労をしても行く価値があるイベントです。このことは世界中から観光客が来ているという時点でも明らかです。さっぽろ雪まつりを一度でも体験したことがあるなら、もっと早く来ていれば良かったと思えるかもしれません。それだけの魅力が、さっぽろ雪まつりにはあるのです。

↑