トイレの神様のひみつ  なぜ、若い世代にひびくのか?お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

トイレの神様のひみつ なぜ、若い世代にひびくのか?

イメージ

トイレの神様とは何か

トイレの神様とは植村花菜による楽曲で、若い世代に高い人気があります。まずその特徴的なタイトルが目につきますが、曲自体は自身と亡き祖母の思い出を歌った曲となっています。歌自体が良いということもありますがトイレの神様というタイトルでどんな曲なのだろうと思わせて、その中身は泣ける歌という意外性も人気の秘密なのかもしれません。トイレの神様の最大の特徴は曲の長さにあり、なんと9分52秒もあります。J-POPというジャンルではあまりない曲の長さのことも含めて、トイレの神様は多くの人に知られるようになりました。また楽曲以外にも、トイレの神様というタイトルでファンフィクション小説もあります。

トイレの神様の特徴

トイレの神様の特徴はタイトルという意見もありますが、曲の時間が9分52秒という長さも特徴の1つです。トイレの神様は、植村花菜自身の小学校3年生の頃から23歳頃までの実体験がベースとなっており、これがその長さの原因になっていると言っても良いでしょう。トイレの神様の楽曲としての特徴は、アコースティック・ギター一本での演奏にはじまり、最後はバンドとオーケストラになるというものです。トイレの神様は曲自体が長いのですが、この変化が効果的に使われています。トイレの神様は曲自体の良さもさることながら、こういう特徴もあるからこそ話題になった曲なのです。

トイレの神様の人気

トイレの神様は、幼い子どもの頃におばあちゃんと一緒に暮らした思い出からはじまり、おばあちゃんが亡くなるまでの出来事を物語調にしたものです。トイレの神様を聞いた感想には『泣ける』というものが多く、若い世代を中心に『泣ける歌』として高い人気があります。トイレの神様は若い世代に人気があるだけでなく、小さい子どもからお年寄りまで幅広い人気があります。トイレの神様が初オンエアされた直後に、ラジオ局には電話やメールで数百件の問い合わせがあったということからも、トイレの神様がいかに人気のある曲なのかがわかります。

トイレの神様のショートバージョン

イレの神様の特徴として、曲が長いというものがあります。多くの特徴を持つトイレの神様の中でも、これはすぐ目につくわかりやすいものです。しかしこれだけ長いと、トイレの神様という曲自体があつかいにくくなってしまいます。それならばトイレの神様のショートバージョンがあれば良いのではと思いますが、トイレの神様では作られることがありません。10分以上ある曲はショートバージョンを作ること自体はよくあるのですが、トイレの神様の歌詞が持つ世界観を壊さないために、あえてショートバージョンは作らないようです。

トイレの神様が人気の理由

トイレの神様が人気の理由は単純には「泣ける歌だから」ですが、それだけで終わるものではありません。トイレの神様が『泣ける』理由として、おばあちゃんとの思い出というものの他に、子どもの頃からの体験を元にしているという所があります。トイレの神様では小学校3年生の頃から23歳の頃までを歌にしているので、その間の年代の人が共感しやすい内容になっています。『泣ける』というのは、少なからずその内容に共感していることであり、だからこそトイレの神様は多くの年代に『泣ける歌』として受け入れられているのです。この他にもトイレの神様が人気の理由ありますが、その中の1つにこの理由があるのではないでしょうか。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.