更年期障害を症状と対応、治療お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

更年期障害を症状と対応、治療

イメージ

更年期障害の症状

更年期障害とは、単純にこれだという症状のものではありません。更年期障害には、さまざまな症状があるのです。自律神経失調のような症状、脈が速くなる、動悸、血圧の激しい変化、腹痛、微熱などが、更年期障害の症状です。
これ以外にも女性の場合は、ほてりや頭痛、疲労感や腰痛などをはじめとした、さまざまな体調不良の症状が出ます。女性特有のものとして、生理不順や性交痛などもあります。更年期障害は女性に多いものですが、男性の更年期障害もあり、この場合は勃起不全といった症状が男性特有の更年期障害として確認されています。

更年期障害が起きる原因

更年期障害が起きる原因のひとつは、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが減少することです。40〜50代になると卵巣の機能がおとろえはじめ、女性ホルモンの分泌が急激に変調します。このことが原因で起きる身体的・精神的不調のことを、更年期障害と呼びます。
更年期障害がひどいものになると、日常生活にも支障が出るレベルになります。更年期障害は男性にも起こるものですが、男性の場合はエストロゲンではなく、テストステロンの分泌量が低下することによって更年期障害が起こります。ただしテストステロン分泌量の低下は、エストロゲンと比べて緩やかなので、更年期障害になったと気づかずに済むケースの方が多いのです。

更年期障害の治療

更年期障害の治療は、女性に対しても男性に対しても、ホルモン治療が有効であるとされています。更年期障害の症状が出たら、女性ホルモンであるエストロゲンを、飲み薬や貼り薬として補充します。更年期障害の治療でホルモン治療をすると、子宮にも作用します。そのことがわずらわしいと思っている人のために、出血をこさせないようにする治療法もあります。ただしその人の身体に合うものと合わないものがあるので、更年期障害の治療を受ける時は、しっかりと医師に相談してからにしましょう。ちなみに男性の更年期障害も原理は同じなので、ホルモン治療が有効です。

更年期障害の予防

更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因ですが、更年期を迎えたらかかりやすくなるものです。しかし更年期障害は、できるだけ対策をとることで、予防できるものです。完全に更年期障害を防ぐことはできませんが、少しでも症状を軽くすることができます。更年期障害の予防に必要なのは、規則正しい生活です。それも更年期になってからするのではなく、若い頃から心がけることです。40歳を超えた時の身体は、若い頃にどれだけいたわってきたかによって変わります。この他にも食事療法で、オレイン酸やアルファリポ酸を摂取することで、更年期障害予防に効果があるとされているので、試してみて下さい。

更年期障害と向かい合おう

更年期障害は老いとともに来るものなので、いつかは来る可能性のあるものです。人によっては更年期障害と呼べるレベルのものにならずに終わるかもしれませんが、まず来るものだと考えておきましょう。
更年期障害が来るはずがないと考えて何もしないよりも、更年期障害に備えて色々と対策をしておいた方が、実際に症状が出た時にまるで違います。更年期障害対策をすることによって、更年期障害自体がほとんど起こらないということもあるのです。まだまだ若いから大丈夫だと思いたくなるかもしれませんが、更年期障害についてしっかりと向かい合って、そのために何をすれば良いのか考えてみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.