レディエッセって何?レディエッセできれいになろう!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

レディエッセって何?レディエッセできれいになろう!

イメージ

レディエッセとは?

レディエッセはコラーゲンやヒアルロン酸などとは異なり、カルシウムベースの粒子を使用した、長期持続型注入剤です。美容整形での施術の1つに、注入剤を入れるものがありますが、レディエッセは従来まで使用されていたものよりも、高い効果があるとされています。レディエッセ自体は、医療の分野で広く用いられてきたものです。それを特殊加工し、吸収性の物質にすることで、美容整形で多く使われるようになりました。
レディエッセは固体なので、シリコンオイルのような危険物質とは違います。また、レディエッセはこれまでにあった注入剤よりも効果が高く、持続時間も長いというメリットがあるので安心です。

レディエッセの特徴

レディエッセが新しい注入剤として注目されたのは、注入するタイプの整形ととても相性が良いからです。レディエッセは即効性があり、見た目も自然に仕上がります。さらに高さや形の調節も自由にできるので、理想のラインを作りやすいのです。そしてなんといっても、レディエッセは持続期間が長いという特長があります。レディエッセを注入してから吸収されるまで、なんとほぼ18ヶ月もの期間があるのです。ヒアルロン酸で6ヶ月、コラーゲンで12ヶ月だったことを考えれば、レディエッセがどれだけ優れたものなのかがわかります。安全性も高く、安心して使えるものなのです。

レディエッセの使用できる場所

レディエッセは、基本的に輪郭形成のために使用します。そのためレディエッセを使用する場所は、顔がメインです。頬のこけやほうれい線は、レディエッセを注入することで簡単に解消できます。さらに鼻のラインを整えることや、顔の輪郭を整えることにも、レディエッセは大きな効果があります。
『もう少しここのラインがキレイだったら…』と思った時には、レディエッセ注入を受けてみましょう。顔のシワが目立ってしまうという時にも、レディエッセは大きな効果があるので、顔の気になる部分のほとんどに対応している注入剤です。この効果をぜひ実感してみて下さい。

レディエッセの注意点

レディエッセを使用する時には、注意しなければいけない点がいくつかあります。レディエッセを注入した後に、内出血やハレなどの副作用が出る場合があります。このハレや赤みなどの症状が出た時には、日光や熱に対して長時間当たらないようにして下さい。
レディエッセを注入した当日から、洗顔やメイクをすることはできますが、長時間の入浴やサウナは認められていません。この他にも、レディエッセを使用した日はアルコールを控えるようにして下さい。レディエッセを使用する時の注意点は、医師がしっかりとしてくれますが、こういうことに気をつけなければいけないという点は、覚えておいて下さい。

レディエッセは美容整形外科選びをしっかりと

レディエッセは、これまでの注入剤に比べて効果的なものです。しかし、しっかりとした効果を出すためには、施術する医師の技術も必要になります。レディエッセに不慣れな医師の施術を受けたせいで、問題が起きてしまったという例はいくつもあります。レディエッセが受けられるからという理由で選ぶのではなく、安心して受けられる場所を探してから、治療を受けるようにしましょう。
レディエッセを受ける美容整形外科選びをしっかりしなければ、後で後悔することになります。時間が経てばレディエッセは吸収されますが、それまでの期間のことを考えると、耐えられるものではありません。安心して受けられる所で、最高の結果が得られるようにしましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.