苦丁茶(くていちゃ)って何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

苦丁茶(くていちゃ)って何?

サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

苦丁茶(くていちゃ)とは

苦丁茶(くていちゃ)は、主に中国で健康茶として飲まれているお茶のことです。一般的なお茶は、お茶の樹を原料としたものがほとんどですが、苦丁茶(くていちゃ)はタラヨウの樹から作られます。苦丁茶(くていちゃ)の栽培は、国家か省管理の下で栽培されているものです。苦丁茶(くていちゃ)栽培園の管理から無農薬有機肥料仕様が原則なので、添加物の心配がありません。苦丁茶(くていちゃ)は厳しく管理されて作られていることもあり、その効果の高さは目を見張るものがあります。さまざまな健康効果もあるので、とても注目されているお茶です。

苦丁茶(くていちゃ)の効果

苦丁茶(くていちゃ)には、デトックス効果やダイエット効果があるとされています。苦丁茶(くていちゃ)に含まれている、ウルソール酸、β-アミリン、ルペオール、タラクセロール、ウバオール、β-シトステロールなどの成分が、この働きを実現しています。さらに苦丁茶(くていちゃ)には、血液をサラサラにして新陳代謝をうながす効果や、動脈硬化・高血圧・脂肪肝・糖尿病などの、成人病予防にもなります。苦丁茶(くていちゃ)を飲み続けることによって、スタイルの良い身体を維持しやすくなります。今よりももっとキレイになりたいという方に、苦丁茶(くていちゃ)はおすすめです。

苦丁茶(くていちゃ)の味

苦丁茶(くていちゃ)のことを語る時に欠かすことができないのは、苦丁茶(くていちゃ)がとても苦(にが)いということです。苦丁茶(くていちゃ)という名前を見ると、そこには「苦」という字が入っていることからも、苦いお茶だということがわかります。しかし、ただ苦いだけではありません。苦丁茶(くていちゃ)には苦みだけでなく、甘みや渋みなどの複雑な味が混ざりあっています。最初はつらいかもしれませんが、飲み慣れてくると旨味として感じられるようになります。日本では苦みを抑えたタイプのものがありますが、本当の苦丁茶(くていちゃ)を飲むと驚かれることでしょう。

苦丁茶(くていちゃ)でダイエット

苦丁茶(くていちゃ)に含まれているサポニンという栄養成分は、コレステロール値を下げる効果や、整腸効果が期待できます。苦丁茶(くていちゃ)のサポニンは、コレステロール吸収を阻害し、インスリン分泌をうながします。これにより、苦丁茶(くていちゃ)を飲むことでダイエットしやすい身体になることができるのです。ここで注意しなければいけないのは、苦丁茶(くていちゃ)を飲むだけでダイエットができるというわけではありません。ダイエット中に苦丁茶(くていちゃ)を飲むことで、より高い効果が期待できるということです。苦丁茶(くていちゃ)でダイエットしようと思っている人は、そこに注意して下さい。

苦丁茶(くていちゃ)のサプリメント

苦丁茶(くていちゃ)は高い効果のあるお茶ですが、とても苦いという特徴のあるお茶です。そのため苦丁茶(くていちゃ)を飲み続けたいけれど、どうしても耐えられないという人もいます。慣れてくれば美味しく感じられるのですが、そこまで頑張れないという人は、苦丁茶(くていちゃ)のサプリメントを試してみて下さい。サプリメントなら、味に関係なく飲むことができるので、安心して苦丁茶(くていちゃ)の栄養を身体に摂り入れることができます。サプリメントには苦丁茶(くていちゃ)以外の有効成分も入っているので、さらに効果が期待できるのもポイントです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.