でべそは整形してきれいになりますお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

でべそは整形してきれいになります

イメージ

でべそとは

でべそとは、ヘソが飛び出した状態になっているもののことです。本来ならヘソの部分はくぼみになっているのですが、それが目に見えて飛び出していることがわかる状態になっているのがでべそです。でべそ自体には大きな害はありませんが、見た目が良くないということから、特に女性にとっては深刻な問題です。大きなコンプレックスになってしまい、水着を着る時にも選択肢が限られてしまうなど問題しかありません。見た目はでべそと同じでも、実は別な原因があるものだったということもあるので、でべそがあるという方は、一度検査を受けた方が良いでしょう。

でべその種類

でべそには実は2つの種類があります。1つめは一般的にでべそと言われているもので、こちらは特に問題があるわけではありません。もう1つのでべそは、ヘソヘルニアと呼ばれているもので、赤ちゃんの時になりやすい症状です。これは5〜10人に1人の割合で見られるものですが、多くの場合はお腹の筋肉が発達することによって自然に治ります。しかし中にはそのままの状態で落ち着いてしまう方もおり、場合によっては手術が必要になることもあります。でべそなのかヘソヘルニアなのかは触ってみるとわかるのですが、小児科医に相談すると確実です。

でべその治療

でべそはけっして治らないというものではありません。どうしてもでべそが気になるのなら、医師に相談して治療してしまいましょう。でべその治療はとてもシンプルなもので、でべその皮膚を切開して、中の部分を取りのぞくだけです。ただし手術の必要があるので、シンプルとは言っても大変な治療であることは確かです。でべそであるというだけなら、日常生活を送ることに支障はありません。しかしどうしても気になるという場合は、医師に相談してでべその治療をした方が良いでしょう。特に女性の場合は気になる問題なので、時間などに余裕がある時にしてしまうと良いでしょう。

でべそは成人してからでもなります

でべそは子どもの頃になるものと考えている方が多くいますが、成人してから何らかの理由ででべそになるということもあります。先天性のヘソヘルニアの場合は成長する過程で自然に治りますが、成人になってから発症した場合は治療を受けなければいけません。成人してからでべそになる原因は、妊娠や肥満が原因で腹腔内圧が上昇してしまうからです。内側から押し出されるようにでべそになってしまうと考えると、わかりやすいかもしれません。この場合のでべそは、そのままにしておくと健康に悪影響が出る可能性もあるので、医師に相談するようにして下さい。

でべそを整形で治そう

でべその程度によっては、ほとんど気にすることはないというものもあります。しかしでべそがないお腹というのは、とてもきれいに見えるものです。無理をしてまででべそを治す必要はありませんが、できることなら治した方が気持ちいいのは確かです。本人は気にしていないと思っていても、やはりでべそが治ると気分が良いのは確かです。でべその治療は早い場合には日帰りが可能な所もあり、長くても一週間程度のものです。もしも時間に余裕があるのなら、思いきってでべそを治して、きれいなお腹を手に入れてみてはいかがでしょうか。やはり見た目が変わるだけでも受ける印象はかなり違ってきます。


 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.