たるみの種類・原因を知って美顔対策お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

たるみの種類・原因を知って美顔対策

イメージ

たるみとは何か?

たるみとは皮膚の弾力性がなくなり、そのままたれてしまう状態のことです。たるみがあるかどうかで外見年齢は大きく変わり、たるみがあるといだけで一気に歳をとってしまったような印象を受けます。たるみは老化とともに避けられないものの1つですが、たるみの種類・原因を知って対策をすることで、最小限に抑えることができます。たるみがほとんどないというだけでも、かなり若々しい印象を受けるようになるので、将来的にずっと若々しい姿を保ちたいと思うのなら、たるみについてしっかり勉強しましょう。たるみはどうしようもないものではなく、何とかできるものなのです。

たるみの種類

たるみは皮膚がたれ下がってしまうものですが、それだけのものではありません。たるみにはいくつかの種類があり、その対策もさまざまなので覚えておきましょう。真皮老化たるみは、真皮層の弾性繊維が老化して、肌を支えきれなくなった状態です。乾燥たるみは、肌の表面が乾燥することや、ヒアルロン酸不足で起こります。痩せ&太りたるみは、急激な体重変化に皮膚が追いつかないためおこるものです。無表情たるみは、顔の筋肉を使わないことで表情筋がおとろえて起こります。さらには姿勢やくせが原因でできる、うつむきたるみというものもあります。

たるみの原因

たるみにはさまざまな種類があり、その原因もまたさまざまです。しかしたるみの原因には共通していることがあるので、それらについて覚えておきましょう。たるみの原因として、肌のハリや弾力を保つコラーゲンの生成能力がおとろえるというものがあります。肌のハリを保つ弾性繊維のもとになるエラスチンの老化や、肌の水分をキープするヒアルロン酸の減少もたるみの原因です。これらの原因は老化によってひき起こされますが、それ以外にも紫外線や活性酸素が弾性繊維を傷つけるものや、顔の筋肉のおとろえ、脂肪量の急激な変化、姿勢の悪さもなどたるみの原因になるので注意しましょう。

たるみ対策をしよう

たるみは対策をすることによって、症状を最小限にとどめることができます。老化が原因で引き起こされるたるみも、不足しがちな成分を補充することで症状を抑えられます。筋肉のおとろえにはマッサージやストレッチをすることが効果的です。たるみ対策は基本的にたるみの原因を知っていれば、何をすれば良いのかはすぐにわかることでしょう。しかし毎日の生活の中でコツコツと積み重ねていかなければいけないものばかりなので、たるみができたから頑張るのではなく、たるみができる前からしっかりと対策をするようにして下さい。一度できたたるみを解消するのはかなり面倒ですが、たるみ対策は少しずつ続けるだけでも効果的なものなのです。

たるみ治療を受けよう

たるみができてしまったので何とかしたいという方は、たるみ治療を受けてみて下さい。たるみ治療は美容整形やエステで受けることができるもので、手術を受けるものから超音波治療によって改善できるものまで、さまざまなものがあります。自分のたるみはどの程度のものなのかで受けられるものも変わるので、どうしてもたるみが気になるという方は、まず相談することからはじめましょう。
たるみができてしまったからといってあきらめてはいけません。もちろん自分でたるみ対策をすることも必要ですが、たるみ治療を受けることで劇的に改善することもあるので、色々なものを試してみましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.