くすみの種類・原因を知って美顔対策お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

くすみの種類・原因を知って美顔対策

イメージ

くすみとは

くすみは肌の透明感や、つやが感じられなくなる状態のことです。くすみは年月をかけて少しずつ肌の色が暗くなっていくというものなので、最初はその症状が出ているとは気づかない人がほとんどです。しかし気づいた時にはかなりくすみが進行していることもあるので、肌の状態はしっかりチェックする必要があります。くすみと言ってもさまざまな種類があり、その原因もまたさまざまです。くすみについて正しい知識を身につけて、将来的に困ることがないようにしましょう。現在くすみで悩んでいるという人も、しっかり対処すれば大丈夫なのであきらめることはありません。

くすみの種類

くすみにはさまざまな種類があります。2〜3くらいと思っている人もいるかもしれませんが、実際には7種類もあります。くすみ対策をするためには、それぞれの種類がどのようなものなのかを知っておかなければいけません。紫外線くすみ、汚れくすみ、血行不良くすみ、乾燥くすみ、毛穴くすみ、老化くすみ、タバコくすみと分かれています。それぞれの名前を見ればどういう所に原因があるのかはすぐに予想できますが、それでも詳しく知っておけばより対策をしやすくなります。現在くすみができているという人は、それがどういうものなのか調べるところからはじめましょう。

くすみの原因

くすみの原因は、くすみの種類によってさまざまです。しかしほとんどのくすみの原因として共通していることがあります。それは肌のコンディションが悪くなるということです。くすみの原因として多いのは、疲労・ストレス・血流の悪さです。これらの原因をなんとかすれば、くすみの大半を防ぐことができます。加齢がくすみの原因になるということもありますが、しっかりとスキンケアをしていけばかなり抑えることができます。不健康な生活をしているということは、それだけでくすみの原因になってしまうので、くすみを防ぎたいなら健康的な生活を送るようにしましょう。

くすみの治療法

くすみの治療法として代表的なものは、生活環境の改善です。これをすることによって、多くのくすみを治療することができます。蒸しタオルなどを利用しての血行促進も効果的なので、くすみがひどいという人は試してみて下さい。しかし一定以上のものやくすみの種類によっては、これらの方法では治せないというものもあります。そういう場合には、美容整形でのレーザー治療が効果的です。メラニンを多くふくんだ皮膚細胞がくすみの原因になっているので、レーザーでメラニン自体をなくしてしまえばくすみを治療することができます。色々と試してみても効果がないという場合は、医師に相談してみましょう。

くすみ対策をして美顔になろう!

くすみのある肌はそれだけでマイナスです。化粧をすればくすみをごまかすことはできますが、それも万能ではありません。くすみのない肌にすることが、美肌・美顔につながります。肌のケアはしっかりしていると言っても、実際にはくすみができてしまうものです。ただケアをすれば良いというのではなく、自分の肌についてよく知り、最適なケアをすることが必要です。くすみをはじめとした肌のトラブルは、ちょっとしたことからも起きてしまいます。いつまでも若々しくきれいな肌でいたいなら、くすみの種類・原因を知ってしっかりとした美顔対策ができるようにしましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.