くま(クマ)の種類・原因を知って美顔対策お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

くま(クマ)の種類・原因を知って美顔対策

イメージ

くま(クマ)とは何か

くま(クマ)は、寝不足になると目の下にできるものです。しかし寝不足だけがくま(クマ)の原因ではありません。寝不足が原因のものは一時的なものですが、中にはそれだけでは治ることがないくま(クマ)もあります。睡眠はしっかりとっているのにくま(クマ)が消えてくれないという人は、何か他の原因があってくま(クマ)ができているのかもしれません。くま(クマ)の種類や原因についての知識をしっかりと覚えて、くま(クマ)対策ができるようになりましょう。くま(クマ)に関して甘く見ていたら、後で苦労することになるので、くれぐれも気をつけて下さい。

くま(クマ)の種類

くま(クマ)は、大きく分けて3つの種類に分けることができます。薄いまぶたの皮膚を透けて、よどんだ血液が見えてしまうくま(クマ)を青グマと言います。加齢とともに下まぶたの皮膚が薄くなって、眼窩(がんか)脂肪が支えきれずに前に突き出てしまい、それが原因でできるくま(クマ)は黒グマと呼ばれるものです。
直接くま(クマ)と呼べるものではありませんが、シミやくすみが原因でくま(クマ)に見えてしまうものとして、茶グマと呼ばれるものもあります。このようにくま(クマ)にもさまざまな種類があるため、くま(クマ)ができて困っているという人は、まずどんなくま(クマ)なのかをチェックしてみて下さい。

くま(クマ)ができる原因

くま(クマ)にはさまざまな種類があり、その原因もまたさまざまです。青いくま(クマ)は血行不良が原因で起きるものですが、そもそもなぜ血行不良になるのかを考えなければいけません。目の酷使、寝不足、運動不足、緊張・ストレス、貧血などが原因です。黒いくま(クマ)は、皮膚の老化が原因でできるものです。目の下の脂肪を支えている筋肉のおとろえや、コラーゲン繊維が老化することによって起こります。茶色のくま(クマ)は色素沈着やくすみが原因でできるくま(クマ)なので、紫外線や刺激を与えすぎることが原因になります。くま(クマ)の原因について知れば、その対策・治療方法がきちんと立てられます。くま(クマ)に悩んでいる人は、まずこれらの情報をまとめてみましょう。

くま(クマ)の治療法

くま(クマ)を治療するためには、どんな種類のくま(クマ)なのか、その原因は何なのかを知ることが必要です。普段の生活の改善で治すことができるくま(クマ)もあれば、それだけでは治すことができないものもあるので覚えておいて下さい。色素沈着型のくま(クマ)なら医療レーザーによって治療することができます。中には手術が必要というものもあるので、美容整形外科に相談してみましょう。くま(クマ)を治療するためには、必ずしも手術が必要であるとは限りません。それを確認するという意味でも、さまざまな医師に相談してみてはいかがでしょうか。

くま(クマ)対策を忘れずに!

くま(クマ)ができた時にはどう対処すれば良いのかについて知っておくことは、とても重要なことです。しかしそれよりも大切なのは、くま(クマ)ができないように対策をしっかりするということです。顔のシワやシミに対する対策は、おそらくほとんどの方が毎日気をつけていることです。しかしくま(クマ)をしているという人は、意外と少ないのが現実です。自分にはくま(クマ)ができるわけがないと思っているのか、それともそれ自体を忘れているのかはわかりませんが、くま(クマ)対策を忘れないようにしましょう。できてから考えるのではなく、できないようにすることが一番なのです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.