アーユルヴェーダってなに?お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

アーユルヴェーダってなに?

イメージ

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダはインドの伝統的な学問で、医学、生活の知恵、生命科学、哲学など、さまざまな概念をふくんでいます。アーユルヴェーダは五千年もの歴史を持っており、チベット医学や古代ギリシア、ペルシアの医学などにも影響を与えています。これ以外にもアーユルヴェーダはさまざまなことに影響を与えており、世界的に見ても評価の高いものの1つなのです。アーユルヴェーダという名前は、生気・生命という意味のアーユスと、知識という意味のヴェーダが組み合わさった複合語です。現代医学に慣れた人には、アーユルヴェーダは異質なものに見えるかもしれませんが、実際にアーユルヴェーダについて勉強・実践してみると、その効果の高さが実感できます。

アーユルヴェーダの歴史について

アーユルヴェーダは五千年以上の歴史を持っていますが、しかしアーユルヴェーダがいったいどこからはじまったのかは、誰にもわかりません。アーユルヴェーダについて記された文献として、紀元前1600-4500年の間に書かれたといわれている、インドの聖典「リグ・ヴェーダ」があります。その後紀元前2000-3000年の間に、ヤジュール・ヴェーダにアーユルヴェーダの理論が記録されています。今もなお多くの人が実践しており、これだけの歴史を持っているということは、アーユルヴェーダがそれだけしっかりとした学問だということです。

アーユルヴェーダの目的

アーユルヴェーダの目的は、人によってとらえ方に違いがありますが、アーユルヴェーダ自体は自然と調和して暮らすことを重視しているものです。自然との調和を失うことは、心身のアンバランスさや病気を誘うと考えられています。アーユルヴェーダはインドの伝統医学ですが、最終的には人が幸せになるための教えと考えても良いでしょう。肉体面だけではなく精神面のことも考えられており、精神面への負荷が大きい現代社会にとても合っているものです。アーユルヴェーダについて本格的に勉強すると、人によっては別の答えが導き出されるかもしれないので、興味がある人は自分なりの考えを見つけてみるのも面白いかもしれません。

アーユルヴェーダは家庭でも実践可能

アーユルヴェーダに対して敷居の高さを感じている人もいますが、そのすべてを実践するのではなく、アーユルヴェーダの一部でも生活に取り入れていくのであれば、家庭でも簡単に実践できます。アーユルヴェーダという言葉自体に気おされている人もいますが、生活を整えて健康になれるように努力するということなので、健康療法を実践すると考えれば、アーユルヴェーダがむずかしいものではないことが理解できるはずです。アーユルヴェーダの考えにもとづいて生活改善をしていけば、数日間で目に見える効果が得られることもあります。不健康な生活をしている人は、ぜひ一度アーユルヴェーダを実践してみましょう。

アーユルヴェーダを日常生活に!

アーユルヴェーダの一部ならば、生活に取り入れることは可能です。しかし体調不良だから、自分が不健康な生活をしているからという理由で、その場限りでアーユルヴェーダを実践しても、効果は長続きしません。アーユルヴェーダを本当の意味で実践するならば、毎日の生活の中へ少しずつ取り入れていくことが必要です。最初から多くのことをはじめるのがむずかしいのなら、少しずつ増やしていくと良いでしょう。アーユルヴェーダを日常生活に取り入れて、それを毎日実践していけば、これまで以上に健康的な毎日を過ごすことができるようになります。それこそがアーユルヴェーダにもとづいた生き方です。

 

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.