ゲルマニウム温浴の基礎知識

ゲルマニウム温浴の基礎知識

ゲルマニウム温浴とは何か

ゲルマニウム温浴とはゲルマニウム溶液に身体をひたして温めることで、皮膚からゲルマニウムを浸透させて、体内に大量の酸素を作り出す温浴法です。ゲルマニウム温浴は心臓に負担をかけないという特徴があるので、心臓の悪い方や高血圧の方でも安心して利用できます。ゲルマニウム温浴は専用の温浴機のある施設で入浴できますが、ゲルマニウム温浴用のアイテムを使うことで、自宅でも簡単にゲルマニウム温浴を楽しむことができます。健康面だけでなくダイエットにも効果があると言われており、多くの方から支持を得ている健康法なのです。

ゲルマニウム温浴の効果

ゲルマニウム温浴を20分ほどするだけで、エアロビクス2時間分に匹敵する効果があると言われています。さらにゲルマニウム温浴には、手足に集まっている末梢神経を温めることで、血液循環を良くする効果もあります。この他にもゲルマニウム温浴には、大量の汗をかくことで、体内の余分な脂肪や老廃物、有害な毒素や汚染物質を体外に出す、デトックス効果もあるとされています。冷え性、腰痛、頭痛、肩こりをはじめ、疲労回復、ストレス解消、ダイエット効果など、ゲルマニウム温浴にはさまざまな効果があるのです。健康に気を使っている人は、ゲルマニウム温浴を試してみて下さい。

ゲルマニウム温浴の方法

ゲルマニウム温浴自体はとても簡単です。42~43℃のゲルマニウム溶液に、手・足を入れて温めるだけで良いのです。ゲルマニウム温浴1回につき20分~50分ほどが良いと言われていますが、基本的には時間制限はありません。ただしゲルマニウム温浴のせいでのぼせることがないように気をつけて下さい。ゲルマニウム温浴をするためには、ゲルマニウム温浴施設を利用します。ゲルマニウム温浴施設は全国さまざまな場所にあるので、自分が通いやすい所を探して利用して下さい。ゲルマニウム温浴は続ければ続けるほど効果が出るものなので、数回だけで満足せずに、何度も続けるようにしましょう。

ゲルマニウム温浴を自宅で

ゲルマニウム温浴をするためには、ゲルマニウム温浴施設を利用するだけではありません。準備さえできれば、自宅でも簡単にゲルマニウム温浴を楽しむことができるのです。自宅でゲルマニウム温浴をするためには大きくわけて2つの方法があります。1つはゲルマニウム温浴器を購入するというものです。これは値段にして数十万円近くするものですが、定期的なゲルマニウム温浴を続けていくことを考えれば、モトがとれる可能性の方が大きいのです。簡易的なものとして、ゲルマニウム鉱石をお風呂に入れるというものがあります。こちらは安くて簡単な分、効果自体は本物には勝てません。どういう方法を選ぶのかはその人次第ですが、自宅でゲルマニウム温浴をしたいという人は考えてみましょう。

ゲルマニウム温浴の注意点

ゲルマニウム温浴に使用する有機ゲルマニウムに毒性がないことは、各機関の調査によって証明されています。しかしこれはあくまでも一般的な人を対象にしたデータであり、人によってはゲルマニウム温浴で何らかの症状が出る場合もあります。肌荒れや気分の悪化などが起きる場合は、ゲルマニウム温浴を一度中断して下さい。その時の体調によってこれらの症状が出る場合があるのです。またゲルマニウム温浴は多量に発汗するため、水分補給は欠かさないようにして下さい。ゲルマニウム温浴が原因で脱水症状が起きるということもあるので、十分に気をつけて下さい。

↑