AGAを知って正しい毛髪治療をしよう

AGAを知って正しい毛髪治療をしよう

AGAとは何でしょうか?

AGAとは、正式名称をAndrogenetic Alopeciaというもので、男性型脱毛症のことです。AGAとは男性にとっての髪の悩みである、いわゆるハゲのことを指します。AGAの典型的な症状として、脱毛はこめかみの上からはじまり、生え際が後退することによって生え際がM字形状になるというものです。
AGAは思春期以降に発生することが多く、その進行の程度は人によって異なります。前頭部や頭頂部のどちらかが進行する場合もあれば、両方が薄くなるという場合もあるのです。しかしAGAは絶対にどうにもならないというものではありません。AGAについて正しい知識を身につけることができれば、治療することも可能なのです。

AGAの原因は?

AGAの主な原因には、遺伝や男性ホルモンが大きく関わっていると言われています。AGAの主な原因となる物質はDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンです。毛乳頭や皮脂腺でテストステロンがDHTに変化すると、毛根の細胞分裂が止まってしまいます。こうなると次に生える髪の毛が十分に育たなくなってしまいます。これこそがAGAの原因なのです。毛根が正常なら髪の毛は長く太く成長してくれますが、AGAになるとヘアサイクルの成長期を短くしてしまい、抜け毛のサイクルも短くなります。それによりうぶ毛のような状態のまま十分に成長できなくなるため、髪の毛が少なくなっていくのです。AGAの原因はこれだけではありませんが、ほとんどの場合はこれに当てはまります。

AGAはストレスも原因に

AGAの代表的な原因は男性ホルモンです。そして男性ホルモンが分泌される原因の1つとして、ストレスがあります。ストレスが溜まると抜け毛が多くなるということは、AGAが発症しているということなのです。過剰なストレスは血流の悪化につながります。そして血流が悪くなると、血流をうながすために男性ホルモンが分泌されることがあります。そして男性ホルモンが過剰に分泌されると、AGAの直接的原因になってしまうのです。厳密にはストレスがAGAの原因になるのではなく、ストレスがAGAの原因になるものを呼び起こしてしまうというものですが、過剰なストレスが原因でAGAになってしまうことに変わりはありません。AGAを防ぐためには、ストレスにも気をつけて下さい。

AGA対策をしよう

AGAにはさまざまな原因があります。しかしその原因を知っていれば、適切なAGA対策ができるようになるのです。毛母細胞に栄養が届かなくなると、AGAの症状が進行してしまうことがあります。そうならないためにも、髪の毛に必要な栄養素である、タンパク質・ミネラル・ビタミン類を豊富に摂取して下さい。高カロリーな食生活も、AGAを進行させる原因になります。AGAはもともと欧米人に多く発症するもので、日本人には少ないと言われていました。しかし食生活の欧米化によって、日本人にもAGAが増えてきたのです。AGA対策は、生活習慣を見直すことで大きな効果が得られます。髪の毛のことが心配なら、まずは自分の生活を見直すことからはじめてみましょう。

AGA治療で大切なこと

AGAは簡単に治療できるものではありません。AGAの原因をとりのぞき、髪が生えてようやく治療が完了したと言えるようになります。どれだけの期間が必要なのかは個人差がありますが、AGA治療は根気よく続けていかなければいけません。すぐに効果が出ないからとあきらめてしまう人もいますが、それではどんな方法を使ってもAGAの治療をすることはできません。しっかりと医師の指示に従って治療を受けるということも忘れてはいけません。薬を塗布する場合でも1回の量を増やせば効くというわけではありません。逆に副作用が出やすくなる可能性もあるのです。AGA治療を受ける時には、しっかりと説明を受けて、それを守るようにして下さい。

↑