目頭(めがしら)切開法(二重(ふたえ)術)ってなに?お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

目頭(めがしら)切開法(二重(ふたえ)術)ってなに?

イメージ

目頭(めがしら)切開法・二重(ふたえ)術とは

目頭切開法(二重術)は、アジア人特有の「蒙古ひだ」と呼ばれているものを取りのぞく施術法です。蒙古ひだがあることによって、目が小さく見えるということや、目と目が離れて見えるということにつながります。目頭切開法(二重術)を受けることによって、これらの問題を解決することができるのです。目頭切開法(二重術)には傷跡が残る治療というイメージがありましたが、技術が進歩して傷跡が残らない目頭切開法(二重術)が実現しました。しかし目頭切開法(二重術)にはメリットだけではなくデメリットもあります。後で後悔することがないように、目頭切開法(二重術)についてしっかり勉強しておきましょう。

目頭切開法(二重術)の効果

目頭切開法(二重術)にはさまざまな効果がありますが、その中でも一番の特徴は、目を大きく見せる効果です。目頭切開法(二重術)によって今まで小さく見えていた目が、しっかりとその存在をアピールすることができるようになります。この他にも目頭切開法(二重術)には、顔全体のバランス調整をするという効果もあります。目と目の間が離れているという悩みを抱えている人も、目頭切開法(二重術)によって解決できるのです。目頭切開法(二重術)で顔のバランスが整えられることにより、目以外の部分はそのままでも、小顔に見える効果も期待できます。

目頭切開法(二重術)のメリット

目頭切開法(二重術)は目元の手術を受けるだけで、顔の雰囲気が一気に変わるというメリットがあります。目頭切開法(二重術)を受けることにより、目の幅が大きくなり、立体的な顔が手に入るのです。また目頭切開法(二重術)のメリットとして、視野が広くなるという効果もあります。目というものは、顔の中でも特に重要な位置を占めています。機能的なものではなく目つきが変わるというだけで、見る人からの印象が変わるのです。目頭切開法(二重術)は目にコンプレックスがあるという人にとって、とても効果的な治療法です。しかし目頭切開法(二重術)はメリットだけではないことも、覚えておいて下さい。

目頭切開法(二重術)のデメリット

目頭切開法(二重術)もメリットだけではありません。目頭切開法(二重術)にもデメリットと呼ばれる部分があります。目頭切開法(二重術)のデメリットとして、切開しての手術になるので、元に戻すことができないというものがあります。目頭切開法(二重術)の前にシミュレーションをしてみても、100%その通りになるとは限らないのです。腕の悪い医師のせいで希望した通りの目にならなくても、元の目に戻すことができないので気をつけて下さい。この他にも目頭切開法(二重術)の術後は、しばらく赤みや傷が目立つというものや、傷が新しいうちに日焼けをすると、傷跡が黒ずむということもあるので、術後のケアを心がけるようにして下さい。

目頭切開法(二重術)で失敗しないためには

目頭切開法(二重術)は、目を大きくする効果や顔のバランス調整といった働きがあります。しかし目頭切開法(二重術)は一度受けたら元には戻せないという点もあります。目頭切開法(二重術)を受ける時には、失敗することは許されないのです。目頭切開法(二重術)を受ける前に、しっかりとしたカウンセリングやシミュレーションによって、自分がどんな顔になれるのか、どんな顔になりたいのかを決めてからにしましょう。さらに腕が確かな医師を選ぶことも、目頭切開法(二重術)で失敗しないためには欠かせません。どういう治療を受けるのか、どんな医師を選ぶのか、しっかり考えて決めるようにして下さい。

 

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.