切開法・二重(ふたえ)術ってなに?

切開法・二重(ふたえ)術ってなに?

切開法・二重(ふたえ)術とは

切開法(二重術)は二重のラインにそって皮膚を切開することで、二重まぶたになることができる美容整形の手術です。切開法(二重術)では、まぶたを切開した後で余分な組織や眼輪筋を切除し、傷跡が目立たないように縫合します。切開法(二重術)で縫った部分がそのまま二重のラインになるので、くっきりとしたラインが欲しいという人におすすめの方法です。切開法(二重術)は手術によって二重まぶたを手に入れるというものなので、プチ整形とは違い効果がずっと続きます。しかし切開法(二重術)は手術をする方法なので、そこが怖いという人も少なくありません。受けてみようかと迷っているなら、しっかりと医師の説明を聞いて決めて下さい。

切開法(二重術)が効果的な人

切開法(二重術)は二重術の1つです。切開法(二重術)以外にも二重まぶたを手に入れる方法はありますが、数ある方法の中でも切開法(二重術)を受けた方が良いという人の例について紹介します。まぶたが極端に厚くハレぼったいという人は、余分な組織を取りのぞく切開法(二重術)に適しています。また切開法(二重術)では縫合跡がそのまま二重のラインになるため、くっきりとした二重を作りたいという人にも適しています。しっかりとした手術という方法をとるので、埋没法などでの二重手術を受けたが元に戻ってしまった、などという人にも、切開法(二重術)はおすすめの二重術です。

切開法(二重術)のメリット

切開法(二重術)にはさまざまなメリットあります。切開法(二重術)で作る二重まぶたは、好きな形にすることができるのです。メスを使った方法なので、元のまぶたの形にとらわれることなく希望にそった形の二重まぶたにできるのです。切開法(二重術)は手術によってしっかりとした二重まぶたを作るので、よほどのことがない限りは元に戻りません。この他にもまぶたが厚いという人でも二重にできるというのが、切開法(二重術)のメリットです。もちろん切開法(二重術)はメリットばかりではなくデメリットもあるので、そちらについても知っておきましょう。

切開法(二重術)のデメリット

切開法(二重術)は豊富なメリットがありますが、デメリットがないというわけではありません。切開法(二重術)はメスを使った手術なので、術後はしばらくハレた状態が続きます。また一度切開法(二重術)で作ったまぶたは、元に戻すことができません。実際にできあがった二重を見て、「何だか違う…」と思っても調整することができないのです。この他にも切開法(二重術)は傷跡の赤みがしばらく残るというものや、抜糸の必要があるので通院が必要になるというデメリットがあります。切開法(二重術)は本格的な手術なのでしかたがないと言えばそれまでですが、このようなデメリットもあることを覚えておいて下さい。

切開法(二重術)を受ける医師はしっかり選ぼう

切開法(二重術)は一度受けると、元に戻すことができません。さらに切開法(二重術)はむずかしい手術なので、医師の腕がしっかりしていなければいけません。切開法(二重術)を受けようと思っているのなら、信頼できる腕が確かな医師を選ばなければいけません。切開法(二重術)に限らず美容整形全体に言えることですが、軽い気持ちで受けて失敗しているという人がたくさんいます。切開法(二重術)の場合はやり直しができない方法ということもあるので、特に気をつけなければいけません。二重術ならそんなにむずかしくないだろうと思っている人もいますが、そういう人こそ一番気をつけなければいけません。

↑