埋没法(二重術)ってなに?お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

埋没法(二重術)ってなに?

イメージ

埋没法(二重術)とは

埋没法(二重術)とは二重(ふたえ)まぶたを作るための美容手術です。埋没法(二重術)では、まぶたを切開することなく皮膚の中に糸を埋めこむことで、皮膚と筋肉を結びます。埋没法(二重術)は術後のハレも少なく、埋没法(二重術)によってできた傷も時間につれて消えていくので、ダウンタイム(回復に要する時間)がほとんどないという特徴もあります。しかし埋没法(二重術)自体は、その効果がずっと続くというわけではなく、癒着がとれてしまうとまぶたが元に戻ってしまうなどの難点があります。埋没法(二重術)を受けようと思っている人は、どういうものなのかしっかり勉強しておきましょう。

埋没法(二重術)は痛いの

埋没法(二重術)は整形の中でもとても気軽に受けることができるものです。しかし埋没法(二重術)を今まで受けたことがない人は、実際に施術を受けてみて痛いのかどうかが気になる所です。メスを使わないとはいえ、まぶたに糸を埋めこむという方法から考えると、とても痛そうに思えるからです。しかし埋没法(二重術)を受ける時には麻酔をかけてもらえるので、施術中の痛みはありません。埋没法(二重術)を受けている時に違和感を覚えることはあっても、基本的に痛みはありません。大きな傷ができるわけではないので、術後も痛みはないので安心して下さい。

埋没法(二重術)のメリット

埋没法(二重術)の最大のメリットは、1度作った二重まぶたのラインを変更することや、抜糸によって元のまぶたの形を簡単に取り戻すことができる所にあります。埋没法(二重術)を受けてみたが気に入らない結果に終わった場合はす、このようにすぐに対応してもらうことができるのです。埋没法(二重術)は施術時間が5〜15分と短く、料金が安価という特徴もあります。美容整形の中でもっとも気軽に受けられるものの1つとして、埋没法(二重術)があげられます。医療用の細く溶けない糸を使うので、埋没法(二重術)を受けたかどうかはとてもわかりにくく、いかにも整形を受けたという感じを避けられるのもメリットの1つです。

埋没法(二重術)のデメリット

埋没法(二重術)にはさまざまなメリットがありますが、埋没法(二重術)にもデメリットと言われているものがあります。埋没法(二重術)は糸で簡単に2〜3ヵ所を固定しているだけなので、その糸が切れると一重まぶたになってしまいます。また埋没法(二重術)はまぶたの裏側で糸を結ぶという方法から、結び目のせいで眼球が傷つく可能性があります。しかしこれを避ける方法も埋没法(二重術)にはあるので、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。この他にも埋没法(二重術)は人によってハレの続く時間が長いこともありますので、覚えておいて下さい。

埋没法(二重術)はしっかり説明を受けてから

埋没法(二重術)は整形の中でももっとも簡単なものですが、そのため特に考えずに埋没法(二重術)を受けようとする人もいます。しかしいくら埋没法(二重術)といってもさまざまな注意点があるので、どういうメリット・デメリットがあるのか、その病院ではどういう方法で行われるのかなどを確認して下さい。
埋没法(二重術)は安全と言われていても、絶対にトラブルが起きないというわけではありません。自分が求める結果のためには、埋没法(二重術)以外の方が良いということもあります。実際に受けてから後で後悔することがないようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.