フェザーリフトでキレイになろうお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

フェザーリフトでキレイになろう

イメージ

フェザーリフトとは何か

フェザーリフトは、皮膚を切開することなく特殊な糸を皮下組織に通すことで、皮膚のたるみを解消する治療法です。フェザーリフトはフェイスリフトに比べて持続期間が長く、引き上げ方にも自由度が高いので、フェイスリフトでは対応できない部分にもフェザーリフトなら対応可能です。フェザーリフトの名前の由来は、使われている糸の形です。糸にギザギザの突起がついていて、それが鳥の羽のような形になっていることからフェザーリフトと言われています。この糸の刺激によってコラーゲンの生成が促進されるので、リフトアップ以外の効果が期待できます。

フェザーリフトの効果

フェザーリフトには若返りの効果がありますが、その中でも大きく分けて2つの効果があります。フェザーリフトによって皮膚を糸でつり上げることにより、リフトアップ効果があります。さらにフェザーリフトの糸にある毛羽立った部分の周りで、コラーゲンの生成がうながされることによって起こるリフトアップ効果です。ただしフェザーリフトは簡単に受けることができる反面、その効果は永続するものではありません。フェザーリフトの効果が続くのが5年ほどと言われています。効果がなくなった場合は、再度フェザーリフトを受けるようにしましょう。

フェザーリフトは気軽に受けられる

フェザーリフトはメスを使わずにリフトアップ効果が得られる治療法です。フェザーリフトは切開手術をせずに糸を通すだけなので、異物反応が起こらなければ特に問題が起こることもありません。ハレも少なくダウンタイム(回復に要する時間)が少ないという点もあり、傷跡も残りにくいことから気軽に受けられます。
本格的なリフトアップ手術を受けることに抵抗がある人は、フェザーリフトでのリフトアップを試してみて下さい。糸が溶けるタイプのフェザーリフトだと、糸が溶けた後もフェザーリフトの効果が持続します。どういう種類のフェザーリフトを受けるのかも含めて、医師に相談してみて下さい。

フェザーリフトのメリットとデメリット

フェザーリフトのメリットは、手軽な方法でシワや皮膚の垂れ下がりを防ぎ、以前の姿に戻すことができる所です。糸を通すだけということから傷跡がほとんど残らないというのもフェザーリフトのメリットです。しかしフェザーリフトはメリットだけではありません。腕の良い医師のもとでフェザーリフトを受けることができれば良いのですが、もしも失敗してしまった場合は大変なことになってしまいます。極端な例ですが、フェザーリフトの失敗によって顔のバランスがおかしくなることもあります。美容整形全体に言えることですが、信頼できる医師のもとで受けるようにしましょう。

フェザーリフトは信頼できる医師のもとで

フェザーリフトは気軽に受けることができる治療法ですが、失敗した時のデメリットはとても大きなものです。これは大きな失敗とは言えませんが、もともと顔面のたるみではなく頭皮のたるみが原因の場合、フェザーリフトの効果があまり得られないこともあります。フェザーリフトの前に事前にしっかり確認してくれる医師なら良いのですが、そうではない医師の場合フェザーリフトを失敗してしまう可能性が高くなります。フェザーリフトを受ける時は事前に相談をして、この人なら任せることができる、という医師のもとで受けるようにして下さい。リスクに備えるのは、美容整形を受けるうえで、とても重要なことなのです。

 

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.