フラクセルでキレイになろうお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

フラクセルでキレイになろう

イメージ

フラクセルとは何か

フラクセルとはレーザー治療の一種で、マイクロメートル単位でのレーザー集合体を照射する治療法です。フラクセルは点にしか見えないレーザーを照射することにより、皮膚に小さな穴を開けます。その小さな穴を回復させるために、皮膚が生まれ変わる力を利用するのです。フラクセルは皮膚が回復する力を利用するため、余計な副作用が出づらいという特徴があります。フラクセルの原理が乱暴な方法に思えるかもしれませんが、その効果の高さから多くの人から支持を受けています。フラクセルによって皮膚が生まれ変わる力は、それだけの効果があるのです。

フラクセルが効果のある症状

フラクセルは皮膚を小さく傷つけることによって、皮膚を生まれ変わらせる美容療法です。その原理だけを聞くとシンプルなものに思えるかもしれませんが、フラクセルはさまざまな症状に効果があります。フラクセルが効果のある症状として、シミ・シワ・ニキビ跡・毛穴の開き・皮膚のたるみの改善などがあります。
フラクセルによって皮膚が生まれ変わる力は、それだけのパワーを持っています。その状態で安定してしまったものは再生のしようがありませんが、フラクセルによって傷をつけることで本来の姿に戻すことができるようになります。だからこそフラクセルは、これだけ多くの症状に対応できる治療法なのです。

フラクセルのメリット

フラクセルにはさまざまなメリットがあります。フラクセルの最大のメリットとして、皮膚の再生(リプレイス)効果をほんの少しのダウンタイム(回復するまでの期間)で実現できるというものがあります。またフラクセルには、サーマクールやタイタンなどではカバーできない肌の再生力があります。さらに皮膚の問題点を治療するだけでなく、若返り効果や質感の向上性といった効果がとても高い治療法です。すでにできてしまったニキビに対しても効果的というのも、フラクセルのメリットの1つです。ただしフラクセルは、メリットだけではなくデメリットもある治療法だということを覚えておいて下さい。

フラクセルのデメリット

フラクセルは皮膚が生き返る効果によって、さまざまな症状に対応できる治療法です。しかし小さいとはいえ皮膚に傷をつける治療法なので、フラクセルはある程度傷みをともなう治療法です。フラクセルはダウンタイムが短いとはいえ、その回復に要する期間には個人差があります。
もしもアクティブ(活動性)なニキビにフラクセルを照射した場合、その直後はニキビが増加する可能性があります。この他にもフラクセルは、施術後2〜3日ほどハレや赤みが続く場合があります。フラクセルはメリットだけではなくデメリットもある治療法なので、事前にしっかり説明を受けて下さい。

フラクセルはアフターケアが重要

フラクセル治療を受けた直後は、日焼けに似たような症状があります。またフラクセル治療後には、肌の赤みも出はじめます。フラクセルは皮膚に傷をつける治療法なので、治療直後はとてもデリケートな状態です。ダウンタイムが短いのが特徴ですが、その分その間のケアをおこたると、その症状が長引いてしまうので注意して下さい。フラクセルの治療後は2〜3日は日焼けのような赤みと、皮膚が乾燥してはがれ落ちていく症状が出ます。そのためクリニックではフラクセルのためのケアを徹底してくれるので、しっかり肌を休ませるようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.