シルエットリフトでキレイになろう

シルエットリフトでキレイになろう

シルエットリフトとは何か

シルエットリフトとは、特殊加工した手術用の糸を使って、たるみのリフトアップをする治療法です。シルエットリフトは大がかりな手術をせずに、簡単な方法でリフトアップできるため、とても人気のある治療法の1つです。シルエットリフトで使用するリフティング糸は常に進歩しており、一度シルエットリフトをした後は、その効果が数年持続するのも人気の理由の1つです。またシルエットリフトの施術自体は1時間ほどで完了し、翌日から洗顔やメイクが可能な手軽さも人気の理由です。シワやたるみが気になる人は、シルエットリフトでその症状を改善してみましょう。

シルエットリフトの持続期間

シルエットリフトは手軽にリフトアップができる、美容療法の1つです。しかしシルエットリフトの効果は、半永久的に続くわけではありません。シルエットリフトで使用する糸は、術後8~10ヶ月ほどで体内に吸収されますが、シルエットリフト自体の効果は数年間続きます。効果がなくなれば再びシルエットリフトをすることによって、改めてリフトアップをすることができます。シルエットリフトの効果には個人差があるので、ここであげた例はあくまでも一例ということで考えておきましょう。人によってはこれよりも長い場合もあれば、短い場合もあるのです。

シルエットリフトのメリット

シルエットリフトのメリットは、気軽に受けられるという所にあります。シルエットリフトは手術後のダウンタイムが短いため、翌日から洗顔やメイクといった、これまで通りの生活をすることができます。またシルエットリフトは最低限の小さな傷しか作らないので、皮膚に傷跡が残らないというメリットもあります。そしてシルエットリフトの効果が薄くなってきたら、再度糸を締め直すことによって、再びリフトアップすることができるのです。大がかりな手術はしたくないという人にとって、シルエットリフトはとても嬉しい治療方法と言って良いでしょう。

シルエットリフトのデメリット

シルエットリフトはメリットがたくさんある治療法ですが、もちろんデメリットもあります。シルエットリフトは、手術によるフェイスリフトと比べると、持続期間が短いのです。1回のシルエットリフトでの持続期間は長くても4~5年間くらいとされています。シルエットリフトは手軽にできる治療法ですが、その分効果も短いということを覚えておきましょう。再び治療を受けるのが苦にならないなら、シルエットリフトのデメリットはそれほどありません。シルエットリフトの効果を考えれば、これくらいのデメリットは苦にならないはずです。

シルエットリフトの施術後の注意点

シルエットリフトの施術後は、しばらく軽度の青あざやハレが出る場合があります。しかしこれは1週間程度でおさまるものなので、もしもそれ以降も続くなら医師に相談しましょう。シルエットリフトの施術後で一番注意しなければいけないのは、シルエットリフト後の場所をこすらないということです。
特にマッサージに関しては、1ヶ月くらいは時間を空けるようにして下さい。シルエットリフトが安定した後なら問題はありませんが、マッサージをすることによってズレが生じてしまう可能性があります。シルエットリフトの注意点に関しては医師が説明してくれるので、しっかり聞いておいて下さい。

↑