プロテーゼ(隆鼻術)でキレイになろう!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

プロテーゼ(隆鼻術)でキレイになろう!

イメージ

プロテーゼ(隆鼻術)とは何でしょうか?

プロテーゼ(隆鼻術)とは、鼻に人工軟骨を入れて鼻の形を調整するというものです。プロテーゼ(隆鼻術)により形が悪いと思う鼻を、理想の形にすることができます。鼻を高くすることができるので、自分の鼻にコンプレックスがある人は、プロテーゼ(隆鼻術)を受けることによって改善することができます。しかしプロテーゼ(隆鼻術)にはメリットもあればデメリットもあります。これからプロテーゼ(隆鼻術)を受けようと思っている人は、どういう注意点があるのか、しっかりと医師に相談してから決めるようにして下さい。後で修正できますが、こういう問題が事前に起こらないようにすることが重要です。

プロテーゼ(隆鼻術)の種類

プロテーゼ(隆鼻術)には、L型プロテーゼ(隆鼻術)とI型プロテーゼ(隆鼻術)があります。L型とI型の違いは、内容物の形です。L型の場合はカギ型になっているものを入れて、I型の場合は棒形になっているものを入れるので、その形からL型とI型と呼ばれています。L型プロテーゼは、しっかりとした高さが欲しいという人に利用されていましたが、欠点が見つかってからはI型が主流になっています。またこの2種類のプロテーゼ(隆鼻術)以外にも、鼻翼基部へのプロテーゼ(隆鼻術)というものがあります。これにより、顔が立体的で明るい印象を得られるようになります。

プロテーゼ(隆鼻術)のメリット

プロテーゼ(隆鼻術)のメリットは、半永久的に整形した鼻の形を維持できる所にあります。プロテーゼ(隆鼻術)は理想的な鼻の形を手に入れることができるので、自身の鼻にコンプレックスを感じている人がプロテーゼ(隆鼻術)を受ければ、コンプレックスを解消できる可能性があります。手術のあとが気づかれないというメリットもあるため、とても人気のある整形の1つです。この他にもプロテーゼ(隆鼻術)には、問題が見つかれば取り出すことができるので、失敗を恐れることはありません。しかしやり直しができると言っても面倒なことに変わりはないので、プロテーゼ(隆鼻術)を受ける時には注意して下さい。

プロテーゼ(隆鼻術)のデメリット

プロテーゼ(隆鼻術)にはメリットだけではなく、デメリットもあります。まずプロテーゼ(隆鼻術)は手術をするという性質上、費用がとても高額です。美容整形ということもあり、プロテーゼ(隆鼻術)は基本的に健康保険が適用されません。また時間の経過とともにすり減ってくることがあるので、プロテーゼ(隆鼻術)は細かなメンテナンスが必要です。また2〜3年に1度交換する必要があるので注意して下さい。理想的な鼻の形を手に入れることができますが、その分、手がかかるのがプロテーゼ(隆鼻術)のデメリットです。しっかりと鼻の形が変わるので、術前術後の変化が分かりやすいというのも、デメリットに含まれるかもしれません。

プロテーゼ(隆鼻術)のここに注意!

プロテーゼ(隆鼻術)は異物を入れる美容整形なので、腕の悪い医師の手術だと後で問題が起きる可能性があります。プロテーゼ(隆鼻術)を受けようと思っているなら、医師・クリニックの選択は慎重にして下さい。今まで多くのプロテーゼ(隆鼻術)を手がけてきた所を選ぶようにすれば、安心して任せることができるでしょう。ただしプロテーゼ(隆鼻術)の失敗は、再び手術を受けることで直せます。再手術というのは面倒ですが、やり直しがきくのはプロテーゼ(隆鼻術)の良い所の1つです。術後1年以内なら、再手術は無料という保証をしてくれるクリニックもあるので、そのことも踏まえて選ぶようにしましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.