フェイスリフトでキレイになろうお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

フェイスリフトでキレイになろう

イメージ

フェイスリフトとは何か

フェイスリフトとは、顔のシワやたるみを目立たなくするための若返り美容整形術の1つです。一般にフェイスリフトを実施することで、外見年齢が5〜10歳は若返る効果があると言われています。フェイスリフトはその名前の通り顔の皮膚を持ち上げるというもので、手術が必要なものから、切らずにできるフェイスリフトまであります。当然その効果や持続時間に差があるので、大きく好みが分かれる所です。フェイスリフトでどの程度の若返り効果が得られるかはその人しだいですが、加齢によってシワやたるみがある人には確実に効果がある方法です。どんな種類・効果があるのか確認してから決めるようにしましょう。

フェイスリフトの種類

フェイスリフトの種類は、大きく分けて2つあります。1つ目は手術によって皮膚・皮下組織・筋肉を引っ張るフェイスリフトです。皮膚を切開して引っ張り上げる方法なので、効果が大きく長持ちしますが、そこに抵抗感があるという人もいます。もう1つは「切らないフェイスリフト」です。フェザーリフトと呼ばれる、局所麻酔をして糸を埋めこむタイプのフェイスリフトで、皮膚を切開しないために身体への負担が小さく、傷が目立たないというメリットがあります。しかし手術をするフェイスリフトとくらべて、効果が短いというデメリットもあるため、従来型のフェイスリフトを選ぶ人も少なくありません。

フェイスリフトの効果

フェイスリフトは、いわゆる若返りの美容整形術と言われているものの中でも、その効果が長持ちするものとして人気があります。フェイスリフトは一般的に10年間もつと言われているので、手術を受けるのは大変ですが、その苦労の甲斐はじゅうぶんにあります。ただし切らないフェイスリフトの場合は、ここまで効果が長続きするわけではないので、そのたびに再び施術を受ける必要があります。しかしフェイスリフトも万能ではなく、人によってはあまり効果が得られないということもあります。フェイスリフトを受けようと思っているなら、まず医師としっかり話し合ってから決めるようにしましょう。

フェイスリフトの注意点

フェイスリフトは手術をするという性質上、アフターケアをしっかりしなければいけません。フェイスリフト後にはハレや内出血などの症状があるので、医師の指示をしっかり守るようにして下さい。もしもそこで無理をしてしまったら、最悪の場合は顔面神経が麻痺するようなことも起こりえます。せっかくフェイスリフトをしたのに、その結果、人前に出られないようになることもあるのです。フェイスリフト手術の後は、無理をせずにしっかり休養をとるようにしましょう。「ダウンタイム」が必要になるので、仕事をしている人は休みの計画を設定しておくことをおすすめします。フェイスリフトは効果が大きい反面、それなりにリスクもある美容整形なのです。

フェイスリフトで失敗しないためには

フェイスリフトで失敗しないためには、信頼できる医師を選び、しっかりその指示に従うことが必要です。特に医師選びは、フェイスリフトでもっとも重要なことなので注意して下さい。ただ有名なクリニックだからという理由で選ぶのではなく、その中でその医師の評判はどうなのか、しっかり面倒を見てくれるのかといった情報も調べましょう。良い医師はフェイスリフトのメリットとデメリットについて、しっかり説明をしてくれます。もしかしたらフェイスリフト以外の選択肢を提示されるかもしれません。無理なく最高の結果を出せるようにすることが一番大切です。例えば手術自体は上手くいっても、休みがとれなかったせいで顔が腫れたまま仕事をすることになっては大変です。時にはフェイスリフトにこだわりすぎないことも必要なのです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.