ケミカルピーリングでキレイになろうお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

ケミカルピーリングでキレイになろう

イメージ

ケミカルピーリングとは何か

ケミカルピーリングとは、特殊な薬品を皮膚の表面に塗って、新陳代謝の悪くなった角質層をはがす治療法です。ケミカルピーリングは角質を溶かすのではなく、角質の結合を弱めるものなので、自然に角質が離れていくという特徴があります。ケミカルピーリングにはさまざまな種類があり、角質層をはがすだけのものもあれば、あわせて新陳代謝を活性化させるものもあります。ケミカルピーリングは古い皮膚を溶かして、健康的で美しい皮膚を取り戻そうとするものです。皮膚を溶かすことに抵抗を感じる人もいますが、正しい方法で施術をすれば、ケミカルピーリングはとても効果的な治療方法です。

ケミカルピーリングに使われる薬剤について

ケミカルピーリングに使われる薬剤は、その目的によってさまざまです。日本国内でのケミカルピーリングで多く使われているのは、グリコール酸を使ったものや、サリチル酸を使ったものです。にきびにも効果がありますが、一時的な効果しかないという特徴もあります。またケミカルピーリングに使う薬剤も、皮膚の状態によって細かい調整が必要です。腕の良い医師なら安心して任せることができますが、そうではない場合に副作用が起きてしまう場合もあります。この他にもケミカルピーリングで使われる薬剤には、レゾルシノールやジェスナーズ液といったものもありますので、ケミカルピーリングを受ける前に、どういう薬剤を使うのかしっかり確認して下さい。

ケミカルピーリングが効く症状

ケミカルピーリングが有効な症状は、大きく分けて3つあります。1つ目はにきび・吹き出もの、2つ目は美白・シミ、3つ目は保湿・シワです。このようにケミカルピーリングは、肌をきれいにしたいという人に適した治療法です。ケミカルピーリングで古い角質を溶かすだけで、ここまで効果があるのかと驚く人もいると思いますが、逆に考えると古い角質はこれだけの症状を起こしてしまうのです。ケミカルピーリングは肌が抱える多くのトラブルに有効なものです。これらの症状に悩んでいるなら、ケミカルピーリングを受けてみてはいかがでしょうか。

ケミカルピーリングのメリットとデメリット

ケミカルピーリングのメリットは、洗顔では落とすことができない、古い角質を落とせることです。古い角質が残っているというだけで、さまざまなお肌のトラブルが起きてしまうので、ケミカルピーリングによってきれいな肌に生まれ変わることができます。ケミカルピーリングのデメリットは、皮膚が新しいものに変わる段階で肌のバリア機能が低下することです。ただしこのデメリットは、専用化粧品でカバーすることができます。ケミカルピーリングはその性質上、肌の弱い人には向かない治療法です。これからケミカルピーリングを受けてみたいと思っている人は、その点に注意して下さい。

ケミカルピーリングの注意点

ケミカルピーリングにはいくつかの注意点があります。治療を受ける1ヶ月前にレーザー脱毛やワックス脱毛をしている場合、肌が弱っているのでケミカルピーリングを受けることはできません。また皮膚病など肌の治療を受けている人も、ケミカルピーリングを受けられない場合があります。日焼けをしているというのも、ケミカルピーリングを受ける時には禁物です。ケミカルピーリングを受けるためには、肌が健康な状態でなければいけません。一時的に肌が弱くなってしまうので、多くの刺激を受けやすい状態では、副作用が起きてしまう場合があるからです。ケミカルピーリングを受ける前に、これらの症状がないか、十分にチェックしましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.