借入遅延を解決しようお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

借入遅延を解決しよう

イメージ

借入遅延とは何か

借入遅延とは借金を返済日までに支払わなかった場合のことです。借入遅延が発生した場合、通常の返済とは別に遅延損害金というものを支払わなければならなくなります。借入遅延での遅延損害金は、利息制限法の1.46倍以内とされており、低金利だとその2倍の金利が請求されることが多いようです。借入遅延は本来の約束を破るものであり、そのための罰金だと考えるとわかりやすいでしょう。借金をする時は計画的な返済を考え、借入遅延が起こらないように注意して下さい。

借入遅延を防ぐためには

借入遅延を防ぐためにはどうすれば良いのかというと、それはとても簡単なことです。無理のない返済計画こそが、借入遅延を確実に防ぐ方法です。何かトラブルがあっても返済がとどこおらないようにすれば、借入遅延が起こる可能性は一気に下がります。借金をするということは、それ相応のリスクを背負うことになります。何か事情があるとは言っても、借入遅延は本来起こしてはいけないものだということを覚えておいて下さい。借入遅延が起こらないように、余裕を持った返済計画を心がけましょう。

借入遅延の利率

借入遅延による遅延損害金は10万円未満の場合は29.2%、10万円以上100万円未満なら26.28%、100万円以上の場合は21.9%までに制限されています。借入遅延での利率には制限があると言っても、それは決して低いものではありません。それ以下になる場合がほとんどですが、本来よりも多く返済しなければいけないのは事実です。また借入遅延で勘違いしている人が多いのが、新しい利率は上乗せされるのではなく、現在のものがその利率に変わるということです。借入遅延前に10%で借入遅延後に20%と言っても、10+20になるのではなく20%になるということです。

借入遅延のことも考えて業者を選ぼう

借入遅延をすることを前提に考えるのは、お金を借りる立場として間違いかもしれません。しかしものごとには絶対はありません。消費者金融をはじめとした金融業者を選ぶ時は、借入遅延時の利率も考えて選ぶようにしましょう。貸金業者のデータをくわしく調べれば、借入遅延の利率がどれくらいか記載されています。元々の利率が低くても借入遅延の利率が高くなれば、別の業者を選ぶ方が良い場合もあるのです。借入遅延のことを知らない人も多くいますが、借り入れをする時はさまざまなことを調べてからするようにしましょう。

借入遅延は交渉できることもある

借入遅延による遅延損害金は、交渉次第でカットできる場合があります。任意整理をする場合がそれに当たります。それ以外にも交渉次第では借入遅延の遅延損害金を免除してもらったというケースがあります。必ずできるというものではありませんが、借入遅延ではそういう例もあるということを覚えておきましょう。借入遅延が起きるということは、お金のやりくりに困っているわけですから、その時に少しでも借入遅延の負担を軽くすることができれば、余裕を持つことができるようになるので覚えておきましょう。なお、これらの諸事項は、関係する法律や政令の改正によって変わることがあります。常に最新版を確認するようにしましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.