融資制度の調べ方、使い方の基礎知識

融資制度の調べ方、使い方の基礎知識

融資制度とは何か

融資制度とは、各地方自治体がおこなっている事業資金の融資あっせん制度です。融資制度の内容は各地方自治体によって変わります。また融資制度には、国民生活金融公庫に近い低金利で融資が受けられるという特徴もあります。ちなみに融資制度は各地方自治体によって内容が変わるとはいっても、融資制度を直接おこなうのは地方自治体ではありません。各都道府県が指定する取扱金融機関から融資を受ける形になります。融資制度は銀行からの融資を国が仲介することによって、低金利で受けられるというものなのです。

融資制度を利用するためには

融資制度は誰でもすぐに利用できるものではありません。融資制度を利用するためには特定の条件をクリアする必要があります。融資制度を受けるために必要な条件は、中小企業者であること、その地方自治体内で一定期間事業を営んでいること、税金を納付していること、過去にブラックリストに載るようなことをしていないこと、許認可必要業種はその認可を得ていることです。これから事業をはじめるという場合には、融資制度は利用できません。融資制度に頼ろうと思っているなら、まずはその条件を満たしているか確認しましょう。

融資制度の種類

融資制度は地方自治体によってその内容が変わりますが、その中でもさまざまな種類の融資制度があります。何をしたいのか、そのためには何が必要なのかを把握してから、融資制度の申込みをするようにしましょう。長期の事業資金を得たい、新たに雇用を獲得して事業を拡大したい、観光施設を整備したいなど、さまざまな目的に応じた融資制度が用意されています。他地方自治体にある融資制度を利用したくても、自分がいる地方自治体では、その融資方法がない場合もあるので覚えておきましょう。

融資制度の注意点

融資制度を申請する時には注意しなければいけない点があります。融資制度と言っても金融機関から見ればお金を貸すことに変わりはありません。融資制度を申請する時に、虚偽の申告をすることは絶対にやめましょう。自己資金が豊富にあれば、融資制度を利用しやすくなると思う人もいますが、そのために見せ金を用意してもすぐにわかります。プロの担当者の前ではすぐに見破られてしまいます。融資制度を利用するなら、ウソがない本当の報告をするようにして下さい。

融資制度を活用しよう

融資制度に申し込むためには、その地方自治体の窓口に申請する必要があります。その地方自治体によって違いがありますが、ホームページから融資制度の申請書式をダウンロードできる場合がほとんどなので、まずは確認してみて下さい。その地方自治体ではどのような融資制度があるのか、その融資制度を利用するためにはどうすれば良いのかもまとめられているので、とても参考になります。融資制度を利用できるかどうかは、実際に申請してみなければわかりません。必要性を感じるのなら、まずは相談してみましょう。

↑