カードキャッシングの注意と基礎知識

カードキャッシングの注意と基礎知識

カードキャッシングとは何でしょう?

カードキャッシングとは、カードを使って金融機関からお金を借りることです。cは買いものの支払いに使えますが、カードキャッシングは現金のやりとりのみです。カードキャッシングにはさまざまなサービスがあり、低金利~高金利、学生専用というものから、30日間利息なしというものもあります。ただし忘れてはいけないのが、カードキャッシングのメリットには必ず裏があるということです。気前の良いサービスに見えて、その分制限が厳しくなっているものもあります。カードキャッシングの利用を考えているなら、このことを忘れないようにして下さい。

カードキャッシングの金利

カードキャッシングはお金を借りるサービスなので、当然金利が発生します。カードキャッシングでは基本的に「年利○%」という形式で書かれており、この利率に応じた金利を支払わなければいけません。これはカードキャッシングで借りている日数によって変わるものなので、できるだけ早く返済すれば、金利も少なく済みます。カードキャッシングを利用する時には、必要な分だけを借りて、なるべくすぐに返済するようにすれば、最低限の出費で済ませられるということです。カードキャッシングの借り入れをそのままにしておくと、金利がどんどん膨らんでしまうので注意して下さい。

カードキャッシングの金利上限

カードキャッシングのことで忘れてはいけないのが、カードキャッシングの利息上限です。これは利息制限法で決められているもので、これを守らなければ法律違反になります。悪徳なカードキャッシングだと、金利上限を超えている場合があるので、カードキャッシングを利用する時には、まず利率がどうなっているのかを確認して下さい。利息制限法では、10万円未満が20%、100万円未満が18%、それ以上が15%となっています(いずれも年利)。現在利用しているものや、これから利用しようと思っているカードキャッシングがあれば、確認・比較をしてみましょう。なお、これらの法律や法令は改正されることがあるので、常に最新版を確認して下さい。

カードキャッシング利用の注意点

カードキャッシングを利用する時には、自分がどれだけ使用したのかを把握しておかなければいけません。カードキャッシングは現金が手に入るため、クレジットカードよりお金の実感が湧きますが、それを忘れてしまう人も中にはいます。カードキャッシングの返済のために別のカードキャッシングを利用して、気づいた時には大変なことになっている場合もあります。最低でもカードキャッシングでどれだけ使っているのか、金額だけでもまとめておくようにしましょう。

カードキャッシングの利用は慎重に!

カードキャッシングは利用上限内であれば、どんどんお金を借りることができます。しかしそのせいで、カードキャッシングに対しての意識が弱くなることもあります。カードキャッシングはただお金を借りるだけでなく、きちんと利息分も返済しなければいけません。カードキャッシングの使いすぎで、いつの間にか首が回らないくらい借金があるということにならないようにしましょう。カードキャッシングは使い方を誤らなければとても便利なものです。計画的に、そして慎重に利用しましょう。

↑