住宅ローン審査の基礎知識

住宅ローン審査の基礎知識

住宅ローン審査とは

住宅ローン審査とは、読んで字のごとく住宅ローンを受けるための審査です。支払い能力のない人にローンを利用させても、返済能力がなければ踏み倒されてしまいます。住宅ローン審査は、買いものの中も特に大きい住宅購入のための資金のため、住宅ローン審査もとても厳しいものになっています。住宅ローン審査は2つの種類があり、1つは資金面で問題ないか確認する本人審査、そしてもう1つは物件自体に違法性がないか確認する物件審査です。この2つの審査をあわせて住宅ローン審査と言います。

住宅ローン審査の2つの審査

住宅ローン審査には仮審査と本審査があります。住宅ローン審査は大きな金額をあつかうものなので、必然的に慎重に対応しなければいけません。そのため住宅ローン審査は、事前審査になる仮審査と、最終的な判断をする本審査の2つがあるのです。住宅ローン審査の仮審査は結果が出るのが早いため、数日で確認することができます。しかしその後に本審査が控えているので、確実にローンを受けられるという保証にはなりません。住宅ローン審査は本審査に通るまで、気を抜かずに待つようにしましょう。

住宅ローン審査の日数

住宅ローン審査にどれだけの期間が必要なのかは、その時によってさまざまです。住宅ローン審査には仮審査と本審査がありますが、早ければ数日、遅ければ2週間ほどかかると考えておくと良いでしょう。ここまで差が出てしまうのは、住宅ローン審査が慎重に行われるものであり、審査対象者によって調べる手間が違うからです。その時の混み具合にもよりますが、住宅ローン審査を受ける時は余裕を持って待つようにしましょう。住宅ローン審査は長ければそういうものだと思い、早ければ運が良かったと思うくらいの気持ちでいると気が楽になるものです。

住宅ローン審査に必要なもの

住宅ローン審査にはさまざまなものが必要になります。住宅ローン審査の申込用紙、認印、源泉徴収票か給料証明、本人確認書、住民票、社会保険証などが必要になります。また住宅ローン審査で忘れてはいけないのが、購入予定物件の関係書類です。価格表や登記謄本が必要になります。ちなみにこれは事前審査に必要なもので、住宅ローン審査の本審査の場合はさらに必要になるものがあります。売買契約書(本審査で否決されれば無効)、完済証明書、自己資金証明などが必要になります。これら全てを用意できて、はじめて住宅ローン審査を受けられるのです。

住宅ローン審査は事前にシミュレーションを

住宅ローン審査受ける時には、必ず事前にシミュレーションをするようにして下さい。住宅ローンは長期にわたって支払い続けるものです。今の収入を基準に考えても、後になって無理が出てくることもあるからです。住宅ローン審査時には問題ないと思っていても、将来的に生活が苦しい時にも支払えなくなる可能性が出てくる可能性があります。住宅ローン審査を受けることに意識がいってしまい、住宅ローン審査で可決されてから、いきなり変更しようと思っても、審査の受け直しをふくめてかなりの手間がかかってしまいます。住宅ローン審査の段階では考えすぎかもしれませんが、その後の人生が決まるものなので、慎重に考えるようにして下さい。

↑