住宅ローン減税の基礎知識お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

住宅ローン減税の基礎知識

イメージ

住宅ローン減税とは何か

住宅ローン減税とは、確定申告をすることで住宅ローンの年末残高から控除を受けられる制度です。住宅ローン減税が適用されるのは年末残高が最大5,000万円で10年間受けられるものに限ります。どんな条件でも住宅ローン減税が適用されるわけではありませんが、住宅ローン減税を活用することによって、支払いがむずかしいから住宅購入をためらっていた人でも、安心してローンを組めるようになります。ただし住宅ローン減税にもさまざまな条件や注意点があるので覚えておいて下さい。

住宅ローン減税を受けるためには

住宅ローン減税を受けるためにはいくつかの条件があります。住宅ローン減税は住宅取得後6ヶ月以内に入居して引き続き居住し続けることが条件です。さらに家屋の床面積は50平方メートル以上、1/2以上が自己居住用として使われること、年間所得金額が3,000万円以下なども、住宅ローン減税を受けるためには必要です。住宅ローン減税は経済的に苦しい人にとっての救済なので、誰もが利用できるものではありません。住宅ローン減税が実際に受けられるか確認してから、住宅購入を決めるようにして下さい。

住宅ローン減税の確定申告時に必要なもの

住宅ローン減税は、ただ申し込めば良いものではありません。住宅ローン現在は確定申告をすることで、税金控除されるものだからです。住宅ローン減税の確定申告時に必要なものは、住民票の写し、登記簿謄本、不動産売買契約書、住宅ローンの年末残高証明書です。住宅ローン減税のための条件を考えると、そこに住んでいることが条件となるので、それを証明するための書類が必要になるということです。詳しくは住宅ローン減税について問い合わせれば、ていねいに教えてもらえるので心配いりません。住宅ローン減税は少し手間がかかるものですが、一度経験すれば後は楽になるので安心して利用して下さい。

住宅ローン減税が中止されることがある

住宅ローン減税の条件で見落としやすいのが、入居し続けなければいけないことです。住宅ローン減税が適用されて間もなく転勤を命じられた場合、その時点で住宅ローン減税が中止されてしまいます。しかし転勤から戻ってきて再び居住するようになれば、住宅ローン減税が再開されます。ちなみに誰か住んでいれば良いということで第三者に賃貸しても、住宅ローン減税を受けることはできません。あくまでも自分が居住していることが条件だからです。

住宅ローン減税は入居日が基準

住宅ローン減税が適用される確定申告の時期は、いつ入居したのかが基準になります。例えば年末に住宅ローンを開始して、実際に入居したのが翌年の場合、住宅ローン開始年の確定申告には適用されません。入居した年から住宅ローン減税が適用されるということを見落としている人は、以外とたくさんいます。住宅ローン減税があるから大丈夫と思いこんでしまい、後で損をすることがないようにして下さい。住宅ローン減税は、経済的に厳しい人にとって嬉しい制度ですが、住宅ローン減税の注意点を忘れていると損をするので注意しましょう。
なお、これらの諸事項は、関係の法律の改正によって変わることがあります。常に最新版を確認するようにしましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.